お薬辞典 






カテゴリ

 畑の月夜に関して  ★関連の新聞記事など  介護

  うつ病等メンタル疾患の種類や症状
   └主にうつ病について,  他の心の病について

  患者はたけの症状通院・処方箋の記録
   └通院前・初診32条適用(1〜3月)
   └自立支援法適用後(4月〜)日常・リハビリ開始

  うつ病治療薬などの情報★
   └抗うつ薬(SSRIやSNRI),  抗うつ薬(3環系など)
   └抗不安薬抗精神薬睡眠薬,その他副作用など

  うつ病などの参考書★
   └うつ病の基礎知識ご家族・周囲の方への注意
   └リハビリ用・体験記深刻化する前に(専門書有り)

  ストレスサプリメントについて      

  自立支援法とジェネリック  参考URL ネット情報など





糖尿病食ダイエットレシピ



2020年01月12日

EPAとDHAと葉酸は脳に良い

 うつ病などの精神疾患は年々増加し、2017年には日本の総患者数が400万人を超えました。精神疾患は、がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病とともに「5大疾患」に数えられ、いまや日本の国民病であるといえます。

 精神疾患の総患者数の内、外来患者数は、15年前に比べて1.7倍に増加しています。その内訳で、最も多いのは躁うつ病を含む『気分障害』、つまり一般的に言う「うつ病・躁うつ病」で、120万人以上に達しています。

 うつ病の増加の背景には、約半数の人が日常生活で悩み・ストレスを感じることが考えられます。

 そこで、うつ病・躁うつ病に関連するサプリメントの話を、少々メモしておこうと再度思い、久しぶりにタイピングしています。

 近年、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)というハーブの一種が、気分の落ち込みに効くと紹介されています。

 ただし、セントジョーンズワートは既に投薬治療中の方には要注意のサプリメントです。

 サプリメントなどの販売実績の高いDHCの、セントジョーンズワートの項目を見てもらえば、灰色の字で注意書きが下記のようにされています。

 『※セントジョーンズワートが医薬品の作用に影響を与えるおそれがあります。薬を服用中あるいは通院中の方、妊娠中の方は、お医者様にご相談の上お召し上がりください。』


 セントジョーンズワートについては、特に抗うつ薬を飲んでいる方が摂取すると、ハイになったりするんです。躁うつ病になる『躁転』が起きる可能性も、稀にあるので注意がいるのです。とすると、躁うつ病の人にも悪い影響が出る可能性があります。  

 一方、妊娠中の方でなければ問題ないのは、魚油から精製されたEPAとDHA(エイコサペンタエン酸とドコサヘキサエン酸)です。体内では生成することができない必須脂肪酸です。

 EPA・DHAはオメガ3系脂肪酸とも言われますが、脳神経系の働きに欠かせない栄養素でもあり、青魚の缶詰を頻繁に食べる人やサプリメントを摂取する人など、健康志向の高い方が特に取り入れてらっしゃる栄養素でもあります。

 (DHA・EPAは血中の中性脂肪値を低下させると言われ、そちらの目的では機能性表示食品のサプリメントも幾つかあります)。

 また、葉酸は安価で地味に良い栄養素です。

 葉酸というと妊婦さんや認知症対策に良いとされています。

 タンパク質の代謝で生じる有害なアミノ酸の一種、ホモシステインの血中濃度が高くなると、アルツハイマー型認知症を含む認知症の他、うつ病のリスクのとなる事が判っています。

 ビタミンB群の一種、葉酸はホモシステインの増加を抑える働きがあるため、認知症・うつ病の対策に有用です。

 緑黄色野菜やレバーといった食品からの摂取も可能ですが、葉酸は熱に弱く、水に溶けやすいため、確実に補うためには効率よく摂取できるサプリメントの利用がおススメかと思います。 
  
 (葉酸に関しては、厚生労働省が妊娠を希望する女性に通常量に加え、1日400μgとるよう推奨している栄養素でもあり、おなかの赤ちゃんのすこやかな発育に重要な役割を果たします。また、たんぱく質をつくる手助けをしたり、赤血球の形成を助けるはたらきでも知られています。妊娠を希望される方や、妊娠中・授乳中の方、日々の健康維持を考えるすべての方におすすめの栄養素でもあります)。
  
 うつ病にならないため、また治療やリハビリに良いコトは、ストレスの少ない生活ができることなのですが、それが簡単にできるような世の中では無いのですよね。この記事がご自身の脳神経を自衛することを考えてみる機会になれば幸いです。 

 ちなみに私は、脳神経の事だけでなく中性脂肪も気になるので、機能性表示食品の方の『DHA・EPA』のサプリメントを摂取しています。

    

 

  
  

by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月17日

また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に・・・(´・ω・`)

 随分前。数年以上前のこと。体重が急に増えた時のこと。

 といっても今よりは体重は少なかった時のことなのですが、精神科系のお薬の副作用で急に体重が上がった時、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という婦人科の症状に陥りました。

 単純に言えば、生理が来なくなる症状です。

 聖マリアンナ医科大学のホームページを引用すると下記の通り。
  
 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。
  
 (中略)  

 PCOSでは、超音波で卵巣をみると10mmくらいの同じような大きさの卵胞がたくさんできて卵巣の外側に1列に並び、なかなかそれ以上大きくならないことが特徴で、ネックレスサインと呼ばれます。 

 正常の卵巣とPCOSの卵巣のイラスト解説は、上記のリンクから聖マリアンナ医科大学サイトへ飛んでください。

 まぁ、原因はおそらく男性ホルモン過剰とか、1番気にしているのは『肥満』です。 

 12月上旬に産婦人科を受診し、PCOSの傾向があると言われ、採血をしてホルモン量を見てもらい、一応すでに投薬(デュファストン)治療もしています。 

 12月下旬に血液検査の結果が判るのですが、きっと昔のように男性ホルモンが上がっていそうだし、高プロラクチン血症(これも生理が止まります)にもなっているかもしれない・・・(´TωT`)

 体重が増えたのは、夏に精神科で勧められた「レキサルティ」を飲み始めてから。

 イライラ症状を抑え、糖尿病の可能性がある人でも安心して使える安全なお薬「レキサルティ」。

 そういう触れ込みで試したのですが、私には逆効果でして、、、イライラが増し、過食になり、体重が一気に5kg増え、2カ月後には生理が止まりました。

 「レキサルティ」の説明書を読んでみると、副作用に肥満や高プロラクチン血症のことが書いてあり、私の体質に合わないと判断し、ストップして元のお薬にある程度戻したものの、生理は来ず・・・(´−ω−`)

 そしてようやく産婦人科へ受診しました。産婦人科、とっても混んでて1か月待ちでした。
  
 女性としてはあと10年もしないうちに更年期障害を迎えると思われますが、今はちょっとそれじゃないと思っているし、更年期突入か確かめるにも、結局は産婦人科へ検査しに行かねばなりません。

 めんどいなぁ、女性の体・・・(´・ω・`)

 今でも思うことですが、正直なところ、男として生まれたかった。そう子供の頃から思っていたから、男性ホルモンも多くなりがちなのかもしれない。

 せめて産婦人科の長期通院は避けたいので、生理が普通に戻ってくれることを願います。

 はぁ、やるせない。。。

by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月15日

依存症の脳はストレス耐性が弱くなる?!

 お久しぶりの、はたけです(´ω`)寒くなってきて、冬季鬱の始まりを迎えている人もいらっしゃるのかな?

 さて、先日こんなタイトル記事を見つけました。


■引用■ 
 ニコチンは脳の報酬系と呼ばれるドーパミン神経系に作用するが、このドーパミンという物質は喫煙者以外でも喜んだときや心地良いとき、緊張したりドキドキしたときなどに報酬系から放出される(※2)。
 だが、ニコチンはドーパミンを強制的に放出する作用があるため、タバコを吸うたびに報酬系が刺激を受け、次第に反応が鈍くなり、ニコチンでなければドーパミンが放出されにくくなっていく。ニコチンが切れるとドーパミンが出にくくなり、脳がそれをストレスと感じてニコチンによるドーパミンの放出を待ちきれなくなる。

 依存症と聞くと、最近ね芸能人に多い、薬物依存が頭に浮かぶ人もいると思いますが、この記事はもう少し身近なテーマの『ニコチン(タバコ)』を、まず例に挙げました。

 ニコチンと脳内物質のドーパミンの間には、上記のような関係があったのですね。なるほど依存症の人が増えるわけだ。
  
 また、『アルコール』・『ギャンブル』・『スマートフォン』・『ゲーム』などの依存症の懸念も挙げています。

 上記のリンク記事では『タバコ(ニコチン)』と『ギャンブル』依存の人が、刺激を受けると脳内の活性部位がどう変化するかを、画像付きで解説しています。

 国内事情を断言できない私ですが、短絡的に考えると、タバコは値段が上がって喫煙者・喫煙量が減っている可能性がありますね。

 一方、ギャンブルはどれだけ多くの日本人が影響されているか、全く判りません。

 (私にはどちらも縁遠いのです。あぁ、日本はパチンコ人口が多いのかな?)。

 一方、スマートフォンは諸外国の人が見て、日本の電車内や街中でスマホ閲覧・操作をする日本人の多さに驚くほどですから、スマホ依存症の人は多そうです。

 また、ゲームもテレビ形式からスマホ形式など多様化しており、昭和時代に比べれば平成を経て令和始まりの今、加速的に依存レベルは高くなっているのは想像できます。

 何かしらの依存症になって、脳内物質が正常に出てこなくなるというのは、厄介な話です。

 ちなみに私は、主にPCでインターネットをしているため、主治医から睡眠の質も悪くなるのでと、PC時間を制限されています。

 皆さんも、御自身の生活習慣を見直してみてくださいね(・ω・)


by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク