お薬辞典 







2017年01月19日

うつ病の重症度、および自殺念慮に関連する血中代謝物を同定

 九州大学などの研究グループが、抑うつ症状を呈する患者(うつ病や躁うつ病患者)から採血し、微量の血液成分から数多くの代謝物の計測を行い、うつ病の重症度に関連する血中代謝物(3-ヒドロキシ酪酸、ベタインなど)を発見したそうです。

 さらに罪悪感、自殺念慮などそれぞれの症状毎に関連する代謝物が異なることを発見しました。

 また、自殺念慮の有無や強さを予測するアルゴリズムも開発しましたと、研究グループは発表しています。


>>続きを読む

by はたけ(^ω^)さん | Com(0) | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク