お薬辞典 







2020年06月25日

脳も疲れるらしい:イミダゾールジペプチド

 大分前に、池谷裕二さんと糸井重里さんの対談本で、海馬 脳は疲れない (新潮文庫)というのが出たんですが、タイトル通り『脳』は疲れないもんだと思っていました。

 ですが、脳も疲れるようでして、なかなか疲れがとれない場合は、体の疲労というよりも、原因は脳にあるようなんです。

 下記は間違った疲れのとり方です。

・ジムで汗を流す 適度な運動は必要ですが、過度な運動はかえって疲れを招く。

・エナジードリンクをゴクゴク 元気になった気がするのは、配合されたカフェインなどの覚醒効果によるものです。

・温泉で疲労回復? 熱いお湯に何度も入ることでかえって疲れてしまうことも。また慣れない場所で寝泊まりすることもストレスに。

・お酒をゴクゴク 過度な飲酒は体に負担をかけてしまい、むしろ疲労の原因になります。

・甘い物をチャージ 疲れがとれたように感じるのは、一時的に血糖値が上がるため。摂りすぎると健康に影響します。

・目薬チャージ 一時的な目の疲れには効果が期待できますが、慢性的な目の疲れには効果が期待できません。

 上記の内、心あたりのある方、いらっしゃいませんか?

 私は、目薬チャージが心当たりありまくりです。


>>体や目の疲れの正体は脳の疲れ!?

by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク