お薬辞典 







2006年01月17日

限界と思った日

 目覚めると,涙が止まらず,死ぬことばかり考える不安な一日が始まりました.特に午前中はうつ状態がひどく,もうこれ以上は本当に危険,,,命を絶つかもしれない,,,と思うほど泣きながら切羽詰った今日,病院へ行くことを決意しました.


 まず,車でいける距離のS医院に電話すると予約でいっぱいとのこと.絶対に今日行く,と決めていたので,次にAクリニックに電話しました.Aクリニックは先月末に開業したこともあってか,今日でも見てくれるというので午後に予約をいれ,親には友人に会いに行くといって外出しました.

 Aクリニックに到着してから,受付で手続きをし,ゆったりとしたソファーで院内のクラシックを聞きながら問診表を書きました.症状やアレルギーの有無など定例の質問に答え,私のこれまでの出来事や傷心,またこれから卒業するまでの3ヶ月間をどう乗り切るかという不安を書きました.


 しばらくすると診察室に呼ばれ,思っていたよりも若いO先生が診察してくれました.まず先生は現在の症状を聞き,いくつか質問を始めました. 睡眠,食欲,不安感について,潔癖症であるか,突然のめまいや吐き気はあるか,動悸やふるえはあるか,などなどです.


 一通り終えたあと先生いわく,「今の質問は,あなたがうつ病パニック障害かを判断するものです.そしてあなたの場合,うつ病と判断できるでしょう.」
 さらに先生は,「発病のきっかけや背景を知りたいので個人的なことを教えてください.でも,話したくないことならば,話さなくても結構ですよ」とおっしゃったので,問診表で書ききれなかったことをできるだけ吐き出しました.

 その後にゆっくりと先生は,「あなたはこれまで多くの出来事に悩み,しかも学校の友人や家族にすら相談できない状態でしたね.随分と長い間,,ダメージが大きい精神的ストレスを溜め込み,さぞ辛かったでしょうね.」とおっしゃり,そのとたん私は一気に涙が出ました...
 しばらくして,「あなたは長期間うつ状態を放置してしまったから,おそらくその分,,,治療は長期戦になると思う.けれども,今は抗うつ薬で十分治療できるから,安心してください.」.先生と私は今後の相談をしました.まだ,卒業までに論文をなんとか発表しなければなりません.先生は,精神病薬ビギナーの私に,普段は論文書きができるよう眠気の少ない抗うつ薬処方をしてくれ,まず1週間,薬が体に合うか経過観測することになりました.

<治療費と薬代(3割負担)>
治療費 2530円
薬代    790円
 ・ドグマチール50mg  3錠/日
 ・セディール5mg    3錠/日
 ・レンドルミン0.25mg 1錠/日

by はたけ(^ω^)さん | 精神科へ通うまで+初診 このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする