お薬辞典 







2006年03月05日

SSRI,SNRIが認可されてからの治療法

  うつ病は心身の疲労状態ですから,休養をとることも大切です.仕事のペースを落としたり,しばらく休暇をとったり,場合によっては入院したりすることも必要です.従来のうつ病の治療は,三環系抗うつ薬が主流でしたが,副作用(口渇,便秘,排尿障害など)や遅効性(抗うつ効果がでるまでに2〜4週間かかる)の問題がありました.最近では,副作用の少ない抗うつ薬の開発が進められ,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)が登場しました.

  これらの薬は,抗うつ作用が強く,副作用が少なく,速効性があるというものです.ちなみに薬名をあげますと,SSRIとしてはデプロメールルボックスパキシル,SNRIとしてはトレドミンが日本でも承認されています.そして,これらの薬はあくまでも医師から処方してもらい服薬指示を守ることが大切です.

  なお,以下の図はSSRI・SNRIを主軸にしたうつ病治療プロトコルです.クリックすると拡大図が表示されます.また赤字で筆者の治療経過を示しています   

  現在のうつ病治療法




>この情報は2006年の内容です.
 新たに更新することはありません.
 今後は、お薬辞典 を参考にしてください(更新不定期)





by はたけ(^ω^)さん | 【投薬法と抗うつ薬】 このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。