お薬辞典 







2006年04月18日

今年4月に薬価改定

 厚生労働省は,薬価の改定をほぼ2年に一度行います.現在,日本の出生率は死亡率を下回り,高齢化が増大することが目に見えています.高齢化による医療費増大を抑制するため,この4月の診療報酬改定で医薬品の公定価格「薬価」が大幅に引き下げられることになりました晴れ  
 また,特許切れに伴い,他社に後発医薬品(ジェネリック医薬品)を発売された薬は,通常の改定のほかに追加引き下げが義務付けられることになりました.今回の改定では追加引き下げの幅が従来の「4〜6%」から,「6〜8%」に改められました.精神病薬も4月以降と以前の価格を比較すると,一錠につき1〜5円値下げされていますぴかぴか(新しい)
 さらに,厚労省はこの薬価の改定を.2007年度以降毎年度行うことの検討に入ったと,新聞にありました.今後,日本の医薬品は低価格路線に向かうようです.なお,製薬会社側は厚労省に抵抗すると同時に,アジア各国のシェア拡大に活路を見出すようですわーい(嬉しい顔)



by はたけ(^ω^)さん | 自立支援法とジェネリック このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。