お薬辞典 







2006年04月19日

ジェネリック効果?

 今回は,ジェネリック薬を入れるとどれだけ節約になるか,に焦点を当てます.比較は1月17日と1月24日で行います. ※筆者は事前に初診で頂いた薬を調べ,ジェネリック薬をリストアップし,Aクリニックの医師に薬の変更を相談しています.
 薬代 
 1月17日 7日分 790円    1月24日 14日分  1,450円
------------------------------------  ----------------------------------------------------

・ドグマチール50mg   3錠/日  ・ベタマック50mg  3錠/日(後発に変更)
・セディール5mg        3錠/日   ・セディール5mg   6錠/日(増量)
・レンドルミン0.25mg  1錠/日  ・レンデム0.25mg 1錠/日(後発に変更)

------------------------------------  ----------------------------------------------------
 24日には2週間分だけでなく,セディール(先発薬のみで高価)を増量することになったので, 薬代が17日の倍どころか,3倍かかると不安でした.ところが,他の2つをジェネリックにしただけで,前回の2倍よりも安く薬代が済んでいるのです手(チョキ)
 これをグラフにすると次のようになります.図をクリックすると拡大されます.(薬局さんの実際の薬価が判らないので,本の薬価から計算し,合わなければ薬代に合うように,各薬価を比例計算で補間しています...なので,これが本当に答えとして合っているかは,責任もてません雨
簡易ジェネリック会計計算 



by はたけ(^ω^)さん | 自立支援法とジェネリック このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。