お薬辞典 







2006年02月15日

通院医療公費負担制度(通称32条)

 精神疾患の治療のために医療機関に通院している方を対象にその医療費を公費で負担する制度です. なお,この制度(自己負担額5%)は2005年3月まで適用され,同4月から「自立支援医療費制度」(自己負担額10%)に移行されます. 

 筆者はたけは1月から精神科に通っているわけですが,残り2か月分でも5%負担で治療してもらえるようにと,急いで申請手続きをしました.(なにせ,Aクリニックの先生方から「たぶん長期戦になるよ・・・」と見込まれたわたくしですふらふら 病気であることを人前で言うのは恥ずかしのですが,経済的に逼迫しないよう制度を活用することにしましたわーい(嬉しい顔)

 なお,この制度の対象者は,精神科領域の病気にかかっていて,精神科,神経科もしくは心療内科などの医療機関に定期的に通院している人.精神病,知的障害,精神病質.神経症のうち,心因精神病もしくは精神病質のうちに属すものを含みます.
 これらの条件が合う人は,通院医療費の 95 % までを公費で負担してくれます.つまり,自己負担が3割(国保)から5%負担に減額してもらえるということですぴかぴか(新しい) ただし, 診察料,薬代が対象で,処方された薬のうち,風邪薬や吐き気止めなどの胃薬など,直接精神病を治療するもの以外の薬は対象外になるそうです.また入院治療の場合も対象外となります病院 

 手続きには役所への申請書と,申請用の診断書病院があらかじめ用意しているか,役所でもらってから病院で書いてもらう).筆者が申請したときは2005年2月だったので,自立支援法への移行作業を同時進行していたせいか,市町村民税額の書かれた書類や住民票を提出しています.

 有効期間は2年間で,継続して助成を受けたい場合は,2,3ヶ月前には役所で更新手続きが必要です.なお,申請書は役所からと都道府県庁にいって月1〜数回の審査を経て,市役所に戻ってきてから申請者に連絡が着ます.なので適用開始まで,1ヶ月から2ヶ月かかります.筆者は2月に申請し4月中ごろまでかかりました(3月,4月の自立支援法移行や役所の人事入れ替えで審査が遅れたようですたらーっ(汗)).



by はたけ(^ω^)さん | 自立支援法とジェネリック このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。