お薬辞典 







2006年02月06日

どっちの医師だろう...

 1月末に,父と母にうつ病精神科クリニックに通っていることを泣きながら打ち明けました.さすがに筆者の様子がおかしいことには気づいていた親も,通院までしているとは思っていなかったようです.多少の混乱はありましたが理解してくれ,筆者の心の健康を第一に考えてくれることになりました.全ての出来事を伝えたわけでなく,発病のきっかけなど親も知らないのですが,それを問いただすようなことはされないので,本当に心の負担が減りました.

 さて通院内容ですが,この日は以前のO医師ではなく,H医師になりました...またも思っていたより若めの男の人でこのクリニックの院長のようです...みんな同じ姓だからO先生のお兄さんか??? 指輪もしてたから結婚されてるのね(笑).


 初対面だし,どこまでO先生からH先生に話が伝わっているのか,ちょっと不安でした.でも院長が出てくるとなると,筆者は重度のなのか...とにかく現状報告をしました.
 この頃になると,論文発表会を控え大学側との連絡による負担が圧し掛かり,酷い肩こりがでるようになりました.この肩こりは以前にも経験したことがありました.冬場に毎月厳しい作業(2,3日ですが)を一人でやっていたときです.滋養強壮の市販薬を飲んでも,お風呂でマッサージしても,日ごろ体操しても治らず,1〜2週間たっていつの間にか治るけど,またその作業の日が来ると肩こりが出るのです.うつ病の場合,ストレスを受けることで肩こりなどの体に症状がでることがあります.当時からうつ病のサインは出ていたのに気づいてなかったのです.
 また,不安感のためかイライラすることが多くなりました.そのため,H先生は抗不安薬セディールから即効性のあるソラナックスに代えてくれました.さらに,これから論文発表に向けてストレスが増大することを懸念されて,不安時用に頓服でソラナックスを余分に処方してもらいました.
 H先生と一通り問診表にあった内容も確認し,現状報告もし,処方内容が決まってから,筆者はO先生に対して聞いたことと同じ質問をH先生にしました.
 「前回の先生にも同じ質問をしましたが,H先生から診て,私(筆者)のうつ病は長期戦になると思われますか?」
 「うぅ〜んとですねぇぇぇ,,,治療期間の統計データにも色々あるのだけど,早ければ3〜6ヶ月で治る人もいるし,1年,2年とかかる人もいます.そこで僕の診立てですが,,,あなたは,まだ負担材料である大学側との接点もあって,完全に休息・治療をしている体制ではないのです...それにかなり長い期間,心的苦労もされている...だから3〜6ヶ月とか速いペースでは完治までできると言い切れないですね...それに,完治してからも数ヶ月から1年くらいは予防のために抗うつ薬などを飲むのが一般的なので,焦らず気長に治療していきましょう晴れ」 

 この答えを聞いて,さらに先生に相談しました.両親とも相談し,長期戦になるならば通院医療公費負担申請(通称32条)をして治療費負担を減そうと決めていたのです.H先生に申請手続きをクリニックでするのか訊ねたところ,まず役所で専用の診断書をもらってきて,それに先生の診立てを記入することになります.それに,申請するなら,まず住民票を移さないといけませんね(まったくそうです).
 それにしても,総合病院などの内科とか診察時間は10分程度です.精神科といえど,このクリニックの先生方は若いからか熱心に対応してくださる...診察時間が基本30分,のめりこむと1時間.筆者の後の患者さん,筆者のせいで待たせてごめんなさいね.


<治療費と薬代14日分(3割負担)>
治療費  1550円
薬代   1130円
 ・ベタマック50mg      3錠/日(朝夕)
 ・ソラナックス0.4mg    3錠/日
 ・レンドルミン0.25mg(?) 1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg      1錠/日(寝)
 ・ソラナックス0.4mg    10錠 (頓)
このときH先生と多くの話題をしたためか,レンデムでなく高い方のレンドルミンを処方されちゃったのです,,, たらーっ(汗)



by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。