お薬辞典 







2006年05月31日

過労で脳・心疾患・精神障害 労災認定 過去最多

朝日新聞のHPからの引用です,
 過労による脳出血や心筋梗塞などで05年度に労災認定を受けた人は330人で、過去最多だったことが31日、厚生労働省のまとめで分かった。このうち過労死者は157人だった。一方、うつ病などで労災認定を受けた人は127人(うち自殺40人)。脳・心疾患は40〜50代、うつ病などは20〜30代に多かった。
労災認定数2005

 過労死弁護団の川人博弁護士は「景気が回復しても働く側の負荷は和らいでいない。特に若者はサポートもないまま即戦力としての働きを求められ、不適応をおこす例が目立つ」と指摘する。
 脳・心疾患による労災請求は869人で、前年の816人から53人増。認定も294人から36人増えた。業種別では運輸業や建設業で増加していた。認定された人は50代が前年より22人増の143人、40代も17人増の95人で、40、50代が全体の7割を占めた。
 背景には、慢性的な長時間労働があり、発症前の1カ月または半年の平均で残業が月100時間以上だった人が半数を超え、29人は160時間を超えていた。
 一方、うつ病など精神障害による労災請求は年100件単位で増えており、05年度は656件で過去最多。認定された人のうち30代が39人、29歳以下が37人で計6割を占め、特に20代の増加が目立った。職種ではシステムエンジニアや製造工が多かった。
以上までが,朝日新聞からの引用です.
---------------------------------------------------
 この記事では労災認定が過去最多であったことを強調しています.しかし,図から計算すると,認定率は心疾患などで38%,一方精神障害は19.4%と低いことがいえます.
 ここで,過労自殺について触れます.過労自殺とは,働きすぎや長時間労働から,うつ病など精神障害発症し,自殺にいたることを言います.
 大手広告代理店の社員が長時間労働でうつ病発症し自殺したことについて,最高裁は2000年 企業は労働者の心身健康を損なわないよう注意する義務がある と指摘して以来,この過労自殺という考え方が広まりました.
 当時の労働省は99年に,精神障害の労災認定について初の判断指針を作成.発症前6ヶ月の間に,仕事の量や質の大きな変化や重大なミス,出向など,強いストレスがあったことが申請の要件になっています.


 先ほどの認定率が38%と19%だと指摘しました.筆者としては,残りの62%と81%の申請者が認定資格が本当に無いのか疑問があります.適正な認定が受けられるとともに,企業・社会がもっと社員という人間の心身の健康に気遣い,こんなニュースが来年以降ないよう願います.そもそも,申請者自体の数が少ない方が,効率的な資本主義社会だとも思うのですが,,,記事を読まれている方,どう思われますか?




by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。