お薬辞典 







2006年06月14日

概日リズム睡眠障害

本当は怖い家庭の医学 昨晩になりますが,TV番組でうつ病につながる病について放送していました.普通の人でもありがちな習慣から,うつ病になってしまう可能性があるのだと知り,このブログでも紹介しようと思います.
 病名は,「概日リズム睡眠障害」.この障害は,夜更かしなど不規則な生活を続けることで,正常な睡眠ができなくなってしまう病です.仕事や日常生活に支障が出るだけでなく,最悪の場合,うつ病発症に至るケースもあります.この病の発症には,人間が規則的な睡眠を続けるために欠かせない,ある脳内物質が大きく関わっています.それが,メラトニンメラトニンとは,眠気を引き起こし,睡眠を促す作用を持つホルモンの一種です. メラトニン

  通常は夜暗くなるとメラトニンが活発に分泌され,自然と眠りに落ち,朝日を浴びるとともに分泌が減り,活動できるようになります.ところが,夜更かしが習慣になっている場合,脳が誤作動を起こし,メラトニンの分泌リズムが徐々に遅く,ズレていきます(図).

 番組での症例では,平日DVDなどを観て夜更かしし,週末は昼まで寝るという昼夜逆転生活を半年以上に渡って続けていました.その結果,メラトニンの分泌リズムは,修正不可能なまでに破壊されてしまったのです.こうして睡眠不足でも夜に眠れない不眠症状態になります.さらに睡眠不足が自律神経の異常を引き起こし,”頭痛”という症状が出ます.

 最後は,全く夜に眠れなくなるまで病を悪化させ,うつ病状態に陥ってしまったという内容でした.近年,TVやパソコンなどの普及に伴い,ますます就寝時間が遅くなっている日本人.患者は増え続け,いまや日本人のおよそ5人に1人が何らかの睡眠障害を抱えているとも言われているそうです.


<ピッツバーグ睡眠質問表>
A.通常何時ごろ寝床につきましたか?
B.寝床についてから眠るまでにどれくらい時間を要しましたか?
C.実際の睡眠時間は何時間くらいでしたか?
D.車の運転や食事中,その他の社会活動中に,眠くて起きていられなくなりましたか?
 これは睡眠の質を計るための質問票です.そして次の計算をしてください.
 (C÷(寝床に入っている時間)
 この値が65%未満の人はレッドゾーンです.
 65%から85%の人はやや不眠.85%以上の人は正常となります.


<睡眠障害にならないためには?>
(1)規則正しい睡眠習慣が大切です.
(2)無理に寝ようとせず、朝起きる時間を一定にし,朝日をキッチリ浴びること.
   また、朝食をキチンと摂り,昼寝は30分以内にしましょう.
   これらを守っていれば,正しいリズムが保たれるのです.
(3)もし、ちょっとでも体に違和感を覚えたら,迷わず,
   精神科や睡眠外来で相談されることをおすすめします.



by はたけ(^ω^)さん | Com(5) | TB(0) | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



この記事へのコメント
おはようございます。
僕は、現在5時に前に起きて22時には寝ています。
今の季節夜明けも早いので出勤前の一時、気持ちよい朝を迎えています。
Posted by bjg at 2006年06月15日 04:53
日中に消費されなかった脳内の神経伝達物質セロトニンは陽が沈んでから脳の松果体でメラトニンという睡眠物質に変化して良い眠りに付くことができます。これで、セロトニンが不足するうつの症状として不眠があることも理解できます。

私のHPより↓
http://www.geocities.jp/fukka_fukka/counsel/fumin.html
Posted by fukka at 2006年06月15日 05:45
bjg さん いらっしゃ〜い.fukkaさん,貴重な情報ありがとうございます.

低気圧には滅入っていますが,朝日は顔面中に浴びている,はたけです.今日はじゃかすか雨が降って,土砂災害が心配です.ほどほどなら,bjgさんのように傘さして散策したいですねぇ.

またhukkaさんのメラトニンとセロトニンの関係,全く知りませんでした.メラトニンのできる過程は,食事で摂取されるトリプトファンに,いくつかの酵素が働いてセロトニンが出来る.夜になるとセロトニンからメラトニンに生成される,ということなんですね.

治療薬のSSRIやSNRIはセロトニンが再取り込みされないようにして,脳内に残りやすくしているんですが,,,食生活が乱れ,さらにセロトニンが不足していると,メラトニンもできにくくなりますよね.ってことは不眠への一途をたどることになりますな...

やはり,規則正しく朝起きて,食事で栄養を補って,(私はSNRIを飲んで),夜はとっとと寝る.こんな当たり前なことでも,脳内ホルモンの作用に大きく影響するんですね.良い習慣を身につけられるよう心がけますです.
Posted by はたけ at 2006年06月15日 21:12
こんばんは。

すごくお久ぶりになります。

覚ええてらっしゃらないかな〜?

畑の月夜さんが、いろいろな情報を提供されていること、改めて読み直して感じました。

この記事が気になりました。
私自身も、いまだ不眠症気味です。

あと今晩もこうして起きていますし。。

たまにこういう日があります。
普通に眠れば朝は早く、朝日は早めに浴びてはいますが。。

ときどきバランスを崩します。

この記事、興味あるので、わたしのブログ内でアップさせていただけないでしょうか?

また来ます。よろしくお願いいたします。
Posted by さつき at 2013年07月30日 04:02
さつきさん、お久しぶりです(・ω・/

 ネット知り合いの中では、ブログを辞められたりお休みされてる方もいる中、さつきさんは立派に書き続けてられるようですね。

 私の方は余力のある時ぐらいしか、アップできていないので、情報ばかりがたまってしまい、どれから手を付けていけばよいかと困っている次第です(苦笑)

 概日リズム睡眠障害については、以前放送されていたビートたけしさんの番組で紹介されたものです。今でも概略ですが、HPも残っています。

 >http://asahi.co.jp/hospital_old/shinsatsu/060613.html
 2番目の症例が概日リズム睡眠障害です。

 オリジナル記事の方をリンク優先した方がいいと思いますが、こちらの記事を引用される分には問題ありませんよ(・ω・)

 最近は迷惑書き込み予防に、コメント欄を封鎖しているものですから、対話ができない状態ですが、さつきさんの今後の健康を切に願っております。
 
Posted by はたけ(^ω^)さん at 2013年07月30日 19:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19274463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
トラックバック元の画像は Simple API を利用させていただいてます