お薬辞典 







2008年11月20日

ストレスに強くなる栄養素

 うつ病の症状を引き起こす原因にストレスがあります.また鬱症状を改善させるためには,食事をしっかり取り栄養をバランスよく摂取することも大事です(・ω・) 

 心身の不調には,偏った食生活が関わっている場合も少なくありません.日常の食生活にも気を配り,ストレスに負けない体質づくりを目指しましょう(^ω^)


 ストレスは栄養素,なかでもビタミンミネラルと深いかかわりがあります

 これらの栄養素は,脳や神経の働きを正常にしたり,ストレスに抵抗する副腎皮質ホルモンを生成するのに必要なものなのです.
 
 そのため,体内に不足するとストレス耐性が弱まり,イライラ不安,集中力の低下など招きやすくなります.また,甘いものをとりすぎるとストレス耐性を弱める💥とも言われています.
 

 不安やいらだちとったストレスからくる症状が,うつ病への悪循環に繋がります.普段の精神状態や身体症状に変化があったら,まずは身近な食生活から・・・栄養と精神のバランスを整えていきましょう✊


 ストレスに強くなる栄養素
栄養素主な働き多く含む食品
ビタミンA    カロチンストレスに対する抵抗力を高めるうなぎ,レバー,卵黄,緑色野菜,のり
ビタミンB1神経の働きを正常にし,活性化させる.不足するとイライラを招く豚肉,玄米,納豆,落花生,しいたけ,のり,牛レバー
ビタミンC体の抵抗力をつけ,心身の安定をはかる.ストレスで減少する.いちご,キウイ,ジャガイモ,さつまいも,パセリ,緑茶,もやし
ビタミンE抗酸化作用があり,老化防止に役立つアーモンド,ヒマワリの種,大豆,卵,乳製品
カルシウム「天然の精神安定剤」といわれる.不足すると不眠やイライラを招く.牛乳,チーズ,ヨーグルト,しらす干し,豆腐,ひじき,切干大根
カリウム神経過敏を抑えるバナナ,りんご,豆類,ジャガイモ,野菜類
マグネシウム気持ちを沈静化し,イライラや神経過敏,不安を抑える小麦ふすま,アーモンド,そば,胚芽,ココア

 
  これらの栄養素を,まんべんなく食事で賄えれば良いですが,それも結構難しいのが現代人の生活習慣でしょう.
 
 うつ病
治療中の方でも,症状の波がありますから,食欲がある時と無い時,食べたくなるものが無性に偏る・・・なんてこともあると思うのです.
 


 筆者は,食事でも十分に補えてないな,と思うものに関しては,サプリメント(ビタミン+ミネラル)を指定量より少なめにして飲んだりしています.例えば1日2錠なら1錠にするとか,週に2~3錠にするとかね.
 
 あと季節的なものもあります.特に夏場☀ 知らず知らずと,鉄分が汗で失われるんです・・・意外なことかもしれませんが,貧血症状とうつ病の症状は似ていますので,めまい・ふらつき・倦怠感が顕著な人は血液検査をお勧めします(通常値でも低めだったら時々サプリで補助).

 それから冬場⛄ 風邪や肌荒れなどのサインが出たらビタミンC・ビタミンBを取ることが多いです.引きこもりがちな人が,久しぶりに人の集まる所に行くと,風邪ウィルスを貰って来やすいので早めの対策を✌
 
 サプリメントは単体で飲むと胃腸にも良くないですし,高濃度成分の吸収に体が慣れると,普段の食事から十分な栄養を吸収しにくい体になってしまいます💦 ですのでサプリメントは必ず食後に飲むのが,吸収も穏やかでいい感じだと思います😃 

 
 
とはいえ,1に食事,2にサプリですから,薬に頼りすぎも良くないんですよ (筆者も結構使っているので,偉そうなことは言えませんが・・・).
 


💡ちなみに,うつ病治療薬(向精神薬)と併用がタブーなサプリメントについてもご一読を(・ω・)
 
💡また,
栄養ドリンクや滋養強壮ドリンクにはまってる方は・・・ご注意くださいね(−ω−;>
 
 

❗この記事は,内容を再注目するため,ブログの日付を変更したものです❗
 (2006-07-03の過去ログから2008-11-20に移動)



by はたけ(^ω^)さん | ストレス解消+サプリメント このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。