お薬辞典 







2007年07月28日

副作用と離脱症状について

 副作用ではなく,離脱作用ってご存知ですか?
 
 以前にも減薬している方が,「字が書けない,頭が重い」といった症状を訴えていたので,離脱作用の可能性を書き込みました.すると,相手の方から離脱作用(離脱症状)とは,どういうことですか?と質問を受けました.また,他のサイトを運営している方も,減薬の段階で離脱作用がでて,投薬量を再調整した方もいます.

 そういう経緯が他にも複数ありましたので,改めて離脱症状について,メモをしておこうと思います.


 まず,向精神薬とまとめられている,抗うつ薬抗不安薬抗精神薬,や睡眠導入薬には,副作用があるのは,大半の方がご存知だと思います.よくある副作用では,,,

   頭痛・頭が重い・倦怠感・眠気・睡眠障害・かすみ目
   血圧の上下・動悸・手足のしびれ・手の振るえ・ふらつき
   口の渇き・吐き気・摂食障害・過食症・下痢・便秘・排尿困難


 特に投薬初期段階では,これらの症状が強く現れた方も多いと思います.ただ,薬と体の相性が良い場合,筆者もそうでしたが,投薬を続けることで体が薬に慣れてきて,これらの副作用が弱まってきます...
 
  


 長期投薬している方は,随分と体が薬に慣らされてしまった状態です.そして,長い闘病生活のうち,病気が良くなり,薬の量を減らして,薬物依存度を減らす段階へ進みます.減薬は嬉しいことですが,長期的に投薬していた人は,ココで問題が生じやすい.それが,
離脱症状です.

 想像してください.麻薬中毒やアルコール中毒の人が,断薬・断酒した場合,長期連用者ほど,薬の影響が強く残っていて,断薬・断酒が難しい...これは想像 しやすい事例だと思います.今のは悪い例ですが,向精神薬でも同じことが言えるのです.長期利用していた薬の血中濃度が,減薬によって変化する.今まで体 調を支えてきた薬の量が,減っていくのです.極端に言えば,体を支えていた杖を取ってしまうわけです


 減薬の結果,体に拒絶反応が出てしまった人には,先ほどの副作用と同様な症状が現れます.この副作用にあたる状態を 離脱症状 と呼んでいます. 薬の種類で言えば,ベンゾジアゼピン系の抗不安薬などは,依存性が高いと言われているので,長期連用した方の減薬で,離脱作用が生じる事があります.同様に抗うつ薬の三環系と呼ばれる古くから使われている薬は,効き目が強い分,減薬時に離脱症状のでるリスクがあります.それゆえ,抗うつ薬三環系からSSRIさらにはSNRIへと,体への薬物負担が少ない薬が開発されているわけです.

 とはいえ,新しい薬ならば体と相性も良い,とは言い切れないのが実情です.治療において,どの薬を使ったとしても,副作用や離脱作用が多少はあるものだというのは,常に念頭に置いておく方がいいと思います. 
 

by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする