お薬辞典 







2006年08月07日

自立支援法の落とし穴

 母が入院してから,明日で1週間になります.筆者の方は,もう精神的にも肉体的にも疲れが出てしまって,昨日今日は休ませてもらいました.なんとか午後になって,頭もスッキリしてきた感じです.

 ところで,ブログや他のサイトのBBSをご覧の方の中には,筆者の母も,筆者同様に自立支援法にお世話になっている事をご存知の方もいるかもしれません(ブログではあえて病名を書きませんが).入院中に同じ病院の精神科(心療内科)に予約を入れていたので,さっそく自立支援法の書類などを集めました.

 ところが看護士さんいわく,整形外科で入院している場合でも入院」してしまったら,精神科で薬など処方してもらった会計金額への自立支援法は適用されなくなるんです! 問診は,ちゃんと車椅子で外来の人と一緒に,順番どおり受けるんです.でも自立支援法は適用されないから1割負担が3割負担になってしまうんですねぇ... ただラッキーなことに,母の薬は1か月分は余分にあったのです.なので,入院中は問診(3割負担)だけにして,退院後に改めて自立支援法の書類を持って,外来受診して,問診と投薬(1割負担)をしてもらうことにしました.

 今回の入院騒動をきっかけに,自立支援法が本当に面倒な仕組みになっていると,改めて思いました...精神科での入院の場合,適用されないことは知っていました.でも整形外科だろうと内科だろうと,入院してしまったら,精神科・心療内科の会計は3割負担になってしまうとは,想定外でした.全くとんでもない,落とし穴でした.
色々そろうセブンレイブンのネット通販



by はたけ(^ω^)さん | 自立支援法とジェネリック このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。