お薬辞典 







2013年11月06日

月経前不快気分障害「PMDD」は鬱の一種

 かなり前に月経前不機嫌性障と紹介した、月経前不快気分障害「PMDD(Premenstrual Dysphoric Disorder)」について、また記事が出ていたので紹介しようと思います。
  
 月経前、心身に不調を感じる女性は2〜5割とされ、中でも特に精神症状が重い場合、鬱病の一種である「月経前不快気分障害」(PMDD)の可能性があると言われています。PMDDは日本ではあまり知られていませんが、服薬で治療が可能です。

 『分かりやすく言うと、PMDDは月経前だけに起こる鬱病」と説明する。月経の7〜10日前に症状が出始め、月経開始とともに症状は消える。だるさやむくみ、不安感など月経前に心身に症状が出る「月経前症候群」(PMS)に比べ、精神的な症状が重い。 


 日本ではPMDDはあまり知られていないが、国際的には鬱病の一種として認められている。今年5月、アメリカ精神医学会がPMDDを鬱病の一つとして認め、診断基準を定めた。 


 PMDDは、イライラ感や不安感が強かったり、怒りっぽくなり、感情のコントロールができなくなったりなど不安系の症状が強いのが特徴だという。体に起こる症状では、食べ過ぎたり、異様に眠くなったりする。体が膨らんでいるように感じる人もいるという。「月経前以外の時期には症状が治まり、普段通りの生活が営めるのが他の鬱病との大きな違い』

 >>http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/131106/lif13110608010000-n1.html
   
 この記事によると、PMDDの原因はまだ明らかになっていないそうですが、女性ホルモンの一種、プロゲステロンかその代謝産物のいずれかの働き掛けで、情動や食欲、睡眠などをコントロールするセロトニン(神経伝達物質)が減少することで引き起こされるとみられているようです。
 
 治療方法ですが、精神科にかかりセロトニンの減少を抑える治療薬を使います。

 服薬期間と量は個人によりますが、毎月、月経の始まる2週間前から月経が始まって症状が出なくなる時期まで服薬します。完治までは個人によりますが、薬で症状を完全に抑えた状態を最低1年は続けるといいます。
 
 参考までに、DSM-IVにおけるPMDDの定義(研究用基準案)のHPを紹介しておきます。

 >>http://www.mentalclinic.com/womens_utsu/pmdd.html
 
 上記のHPによる定義Cには、『この障害は、大うつ病性障害、パニック障害、気分変調性障害、またはパーソナリティ障害のような、他の障害の症状の単なる悪化ではない。 (ただし、これらの障害のどれに重なってもよい。』とあります。
 
 男性には解ってもらいにくい病気ですので、もう、女性にはこういう特別な病気が存在する、と知ってもらうだけでも大きな前進な気がします。
 
 単純にうつ病が深刻化したというわけでなく、併発することはありますので、女性のみなさん心当たりの方は主治医さんに話してみることも大事だとおもいます。 
 
 ちなみに、私も昔は月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)とは無縁だと思っていましたが、このごろ周期的に具合が悪くなったりしますので、もしかするとPMS・PMDDの可能性もある、と主治医と相談しています。

 ただ、重症ではないので、特別そのためのお薬までは飲んでいません。あくまで鬱と躁の波の中に、生理周期が入ってくるといったかんじです。

 ではでは、女性のみなさんの心に安らぎが訪れることと、男性のみなさんに一定の理解を望む、今日この頃のはたけでした。





by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。