お薬辞典 







2019年12月17日

また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に・・・(´・ω・`)

 随分前。数年以上前のこと。体重が急に増えた時のこと。

 といっても今よりは体重は少なかった時のことなのですが、精神科系のお薬の副作用で急に体重が上がった時、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という婦人科の症状に陥りました。

 単純に言えば、生理が来なくなる症状です。

 聖マリアンナ医科大学のホームページを引用すると下記の通り。
  
 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。
  
 (中略)  

 PCOSでは、超音波で卵巣をみると10mmくらいの同じような大きさの卵胞がたくさんできて卵巣の外側に1列に並び、なかなかそれ以上大きくならないことが特徴で、ネックレスサインと呼ばれます。 

 正常の卵巣とPCOSの卵巣のイラスト解説は、上記のリンクから聖マリアンナ医科大学サイトへ飛んでください。

 まぁ、原因はおそらく男性ホルモン過剰とか、1番気にしているのは『肥満』です。 

 12月上旬に産婦人科を受診し、PCOSの傾向があると言われ、採血をしてホルモン量を見てもらい、一応すでに投薬(デュファストン)治療もしています。 

 12月下旬に血液検査の結果が判るのですが、きっと昔のように男性ホルモンが上がっていそうだし、高プロラクチン血症(これも生理が止まります)にもなっているかもしれない・・・(´TωT`)

 体重が増えたのは、夏に精神科で勧められた「レキサルティ」を飲み始めてから。

 イライラ症状を抑え、糖尿病の可能性がある人でも安心して使える安全なお薬「レキサルティ」。

 そういう触れ込みで試したのですが、私には逆効果でして、、、イライラが増し、過食になり、体重が一気に5kg増え、2カ月後には生理が止まりました。

 「レキサルティ」の説明書を読んでみると、副作用に肥満や高プロラクチン血症のことが書いてあり、私の体質に合わないと判断し、ストップして元のお薬にある程度戻したものの、生理は来ず・・・(´−ω−`)

 そしてようやく産婦人科へ受診しました。産婦人科、とっても混んでて1か月待ちでした。
  
 女性としてはあと10年もしないうちに更年期障害を迎えると思われますが、今はちょっとそれじゃないと思っているし、更年期突入か確かめるにも、結局は産婦人科へ検査しに行かねばなりません。

 めんどいなぁ、女性の体・・・(´・ω・`)

 今でも思うことですが、正直なところ、男として生まれたかった。そう子供の頃から思っていたから、男性ホルモンも多くなりがちなのかもしれない。

 せめて産婦人科の長期通院は避けたいので、生理が普通に戻ってくれることを願います。

 はぁ、やるせない。。。

by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする