お薬辞典 







2020年03月10日

DHC 薬用リップクリームに模倣品

 おはようございます(´ω`)はたけであります。
  
 前回は主にアロマ系ハンドクリーム・バーム特集をしましたが、リップクリーム類も多数使っているので、そのうち紹介しようと思っています。

 写真の整理が遅れているので、今回はリップクリーム特集はせずに、私のお気に入りリップクリームの一つである『DHC 薬用リップクリーム』に模倣品が存在することなどを、明記しておこうと思います。 

 DHCの薬用リップクリームですが、正規品デザインパッケージは2種類あります。

 正規品デザインは、主にドラッグストア等で売られている「黄色パッケージ」と、DHC通販サイトで購入した場合の「ピンクパッケージ」です。

 下記写真で見ますと、左側の付箋付きがドラッグストアで購入した正規品「黄色パッケージ」で、右側がDHC通販サイトで購入した正規品「ピンクパッケージ」です。 
  
lip-dhcstick20200224-0.jpg
 どちらも中身は同じでして、使ってみましたが使用感(感触や匂い)も同様でした。

 ドラッグストアで安めに購入しても正規品が買えるため、ドラッグストア版「黄色パッケージ」のみを正規品と思っている人もいるようです。
  
 実際、Amazonのコメント欄を見まわしてみると、『DHC リップ』で検索して『パントリー』商品をチェックしたら、「黄色パッケージ」でなくDHC通販版の「ピンクパッケージ」の写真を載せつつ、『パッケージが違くて怪しい』とコメントしている人すらいます。

 ですが「ピンクパッケージ」もDHC通販版の正規品です。

 確かにAmazonでは、DHC本店でなくドラッグストアなどが大量販売していたりするので、模倣品が混じっている可能性がありますが、DHCの通販で「ピンクパッケージ」を購入したのなら、安心して使って大丈夫です。

 ただAmazonなど他所のネット商品には、中身が透けて見える黄色のパッケージで値段も高い、上記以外のデザインパッケージが存在します。

 これは現在、DHCネット通販サイトで警鐘されている、模倣品の可能性があります。
  
 ●DHC通販サイトで下記ページにて模倣品の警鐘(サイト内では安全な方の「黄色パッケージ」が紹介されています)。


 上記DHCサイトで警鐘されている内容としては、『(模倣品の流通範囲については、まだ極限定的であると推測しております。)』と書かれていますが、模倣品は成分配合が全く違うそうです。

 粗悪な模倣品を入手しないよう、ネットで買う場合は気を付けた方が良いと思いました。

 皆様もお気を付けください。安物買いの銭失いにならないように。



by はたけ(^ω^)さん | 日常・リハビリ開始 このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする