お薬辞典 







2020年07月27日

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を広めましょう

 みなさんは、厚生労働省から発行されている、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を、スマートフォンに既にインストールしてらっしゃるでしょうか?


 このアプリはGPSといった個人情報は取らずに、Bluetoothという近接通信機能を利用して、1メートル以内15分以上の接触した人に新型コロナ陽性者が出た場合にお知らせしてくれ、その後の対処を教えてくれる機能を持っています。
  
   
 もう少し正確に書くと、アプリを実行した際に、各スマホで『接触符号』を生成して持ちます(接触符号例:0000とか1111とかそんな符号です)。

 この際、氏名・電話番号・などの個人情報やGPSなどスマホの位置情報を使う事は無く、記録されることもありません。

 記録される接触の条件は上記の通り、Aさんの接触符号0000番とBさんの接触符号1111番を例にしたら、他のアプリユーザー(AさんとBさん)が15分以上、1メートル以内と接触した場合、『接触』として記録されます。

 接触情報の記録について、この接触した時に、接触した相手の接触符号の記録をアプリに行います(AさんのアプリにBさんの符号1111が記録されます)。

 どちらかの利用者が陽性登録を行うまでは接触の情報は利用されません。

 接触の履歴は14日後に消去されます。 ※接触符号は定期的に変わります。

 接触の確認方法ですが、接触した人の中に新型コロナウィルスの陽性登録者がいた場合、スマホにプッシュ通知が届きます。

 もしアプリユーザが、検査により新型コロナウィルスの感染確認された場合、保健所などの公的機関から登録用の『処理番号』が発行されます。
  
 アプリCOCOAを用いて、この処理番号を登録します。

 陽性者と14日以内に接触した人のスマホアプリ(COCOA)に通知が届きます(あくまで1メートル以内、15分以上接触した人へ通知)。

 通知される情報は端末の『接触符号』のみです。  
  
 それ以外の氏名など個人情報や位置情報が送られてくることはありません。

 このアプリCOCOAは、Bluetoothを利用し、他のスマホと近接した場合に上記の作業を行いますので、プライバシーは守られます。
   
 また、アプリをアンインストールしたり、接触の記録停止をすれば、過去の情報を削除することもできます。

★もしも陽性者との接触があった場合、アプリからも陽性者と接触があった日付の一覧が確認できます。また適切な連絡先をお知らせしてくれます。
  

 大事なのは、新型コロナ陽性となった人でアプリCOCOAを使用している人は、処理番号をCOCOAに登録しないと、過去14日間に接触した人達に接触情報が通達されない事でしょう。

 また、アプリCOCOAが世間に広まらず利用者が少ないと、新型コロナ陽性者と接触していても情報が得られないことです。

 このアプリCOCOAには、アプリを広めるため『アプリを周りの人に知らせる』機能も付いています。

 (私がメール転送を試したら、androidスマホからはandroid版のCOCOAインストール画面への案内リンクが送信されましたので、androidからiPhoneに送るなら、厚生労働省サイトのリンクを送った方が良いかもしれません)。

 私は今のところ、親と友人にCOCOAを広めました。

 厚生労働省のホームページによると、ダウンロード数は7月22日時点で約797万件だそうです。
  
 肝心の陽性者登録数は、7月22日で38件だそうです。

 スマホは若い世代が大半持っているでしょうし、今現在、新型コロナウィルスの感染者が多いのは、まだ20代〜50代と比較的若い世代が多いです。 
  
 是非、厚生労働省のアプリCOCOAを世に広めて、新型コロナウィルス対策に用いましょう。
  




by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。