お薬辞典 







2007年08月14日

不登校 増加

先週の新聞1面に、デカデカとでていました。

不登校 5年ぶりに 増加


クラスに1人、中学生では過去最高値の結果だったようです。
その背景にどのようなことがあるのか、ちょっと意外な回答もありましたね。。。


 
   
 
-------------------------------------------------------------------
不登校、クラスに1人…中学生過去最高


 昨年度、不登校だった中学生の割合は、35人に1人の2・86%(前年度比0・11ポイント増)で過去最高となったことが9日、文部科学省の学校基本調査(速報)で分かった。


いじめ回避も一因


 1学級に1人は不登校の生徒がいる計算で、同省では「いじめ自殺が相次ぎ、『いじめられるなら学校に行かなくてもいい』と考える保護者が増えたことも一因」とみている。

 不登校の調査は全小中学校を対象に、1991年度から毎年実施している。

 それによると、昨年度、病気や経済的理由以外で、年間30日以上欠席した「不登校」の小中学生は、前年度比約4500人増の計12万6764人で、5年ぶりに増加した。特に中学生は、前年度より約3400人増えて10万2940人となり、不登校の生徒が占める割合も10年前の60人に1人から大きく増加していた。

 小中学生が不登校になったきっかけ(複数回答)で最も多かったのは「無気力や非行など」の4万6320人。「いじめ」は計4688人(中学生3929人、小学生759人)だった。

 同省が都道府県に不登校が増えた理由を分析してもらったところ、複数の自治体が 「自殺に追い込まれるくらいなら学校に行かなくてもいいと考える保護者が増えた」 「スクールカウンセラーがいじめの被害を最小限にするための選択肢として不登校を勧めるようになった」などと回答した。


「校外にも居場所」親の意識も変化


 中学校の1クラスに1人は必ず不登校の生徒がいる――。60人に1人が不登校だった10年前に比べ、不登校の中学生が大きく増加した背景には、昨年、全国で相次いだいじめ自殺のほかに、民間のフリースクールなどの新たな居場所が生まれていることもある。

 自治体が設置した「教育支援センター」は全国に1164か所、民間のフリースクールは500か所に上るとされる。子供、保護者の意識も「学校は必ず通うべき場所ではない」と変わりつつある。

(2007年8月10日 読売新聞より引用)
 -------------------------------------------------------------------


 記事を読まれてる方の世代間の感覚の違いもあるかと思います。
 ちなみに、私、20代後半のはたけの過去の記憶を遡ってみました。

 私が子供のころというのは、塾通い・中学以降からの私立学校受験戦争が始まったころでして、中学受験のために塾や公文に通っている小学生が、学年の半分もいました。

 中学進学のための受験戦争には、巻き込まれずに済んだ私でしたが、高校受験のために中学時代には、塾なるところに通うこととなりました。しかも同時に、受験時の成績表=内申点(部活や課外活動なども評価される)の重要度が高まった時期でした。


はっきりいって、
中学時代は混沌の時でした。



 良い思い出が無いわけではありません。

 ただ当時、高校受験が近づくにつれ、なぜその高校に入りたいのかとか考える事もなく、『いい学校へ進め』という呪いにかかった状態に近かった。 塾・通信教育・学校の課題と、やることが満載で 脳内は消化不良 の状態でした。。。

 だったら、塾や通信教育をやめ、学校だけに専念すれば良かったのではないか・・・と思いますが、当時の私にとって 塾の友達が心の救いだった ことがあります。

 丁度、中学3年生に上がると、学年の雰囲気がガラっと変わったんです。。。

 茶髪・ピアス・・・そんな感じの子も増えて、あどけなさと殺伐とした雰囲気が漂ってました。そうなると、塾がこころの天国になっちゃうのですよ。。。ひるがえって、学校のクラスでは、お定まりのような無視とかイジメめいたこともされたし・・・

 って書きだしたら、不幸オリンピックのようになってしまうので、割愛しますが、中学時代は特に 多感傷つきやすい うえに、理路整然と悩みを解決する思考力は未発達の時だったため、カオスから抜け出せずに、受験失敗もプラスして人生の谷底気分を味わいましたもうやだ〜(悲しい顔)


 ただ運良く、高校の同級生や環境が良かったので、そこで精神的にも安定し成熟した感じですわーい(嬉しい顔) 大学進学という目標も、かつてより明確で、自分でその1点に向かって歩いていました。今でも高校時代は、理想的な生活リズムと社会(学業)活動がバランスよく出来ていた、そう今の自分にとっての理想像を置いています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 さて新聞記事に戻りますが、今回、注目されているのは「いじめ」回避のために不登校を選んでいる家庭も増えていること、スクールカウンセラーなどもそういう打開策を提案していることかと思います。一時的な回避策として、引きこもるのは悪いとは言いません。ただ、対人コミュニケーション力を培う、学校のメリットは失われます。。。

 少子化の今、大学進学率が高まっています。簡単にいえば、受験したらほぼ合格・・・という進学先もあるわけ。学力低下を防ぐため、塾も必要なのかもしれませんが、果たして塾がすべてかと考えると、私はNOだと思います。


 私は中学時の塾と通信教材を消化できなかったので、高校では学校の教材のみに専念しました・・・それでも、そこそこの所に進学できました。有名大学は無理でしたけどね(受験当時も必死だったけど、鬱や介護ウツになった時に比べたら、もっと頑張る余裕はあったんだなって思います。でも、そこまでしたら燃え尽きてたかもたらーっ(汗))。

 もっと学校のカリキュラム・・・道徳も含めてね・・・を以前のようにしっかりしていれば、塾と学校のバランスを整えられるのではないでしょうかね。。。今は塾にバランスが傾いてるけど、徐々に学校側にバランスを並行にしていく・・・理想論すぎるかな・・・ 


 人づてに聞いた話ですが、イギリスでは不登校児であっても、自宅学習で十分な学習能力が備われば、学校卒業としてくれるシステムがあるようです。ですので、家庭教師や家族が、子供に教育をしているところもあり、定期的な試験をパスすれば、学校卒業と認められ進学の道も選択できるわけですわーい(嬉しい顔)

 他にもアメリカやヨーロッパには、独自の教育プログラムもあるようです。
 それを取り入れるか否かは、教育の専門家にお任せすることにし、


はたけ家で(勝手に)考えたアイデア
 1不登校の原因がいじめなら、いじめに厳しい体制をとること。
 2一方的被害を受けている生徒は、自宅学習などで救済支援をしてもいい。
 3いじめやら給食費問題など・倫理観に欠ける生徒とその親に関しては、
   社会的ペナルティーを与える(他の学校へ転校もあり)。


上記の意見には、父の厳しい意見も組み込ませていただきました(−ω−)

 先日父は、お祭りに参加している親子会の中で、
女の子達が一人の女の子を蹴りまわすがく〜(落胆した顔)
 という、ショッキングな場面に立ち会いました。

 「子供たちのジャレ合いじゃないの???」と聞いたのですが、「いや、あの蹴り方は、女の子がするような遊びでなく、完全に暴力的だった」というのですふらふら 

 じゃぁ、「黙って見てたのか???」と聞いてみたら、「目の前に、その子たちの親(父兄)が参加していて、誰も止めに入らなかった・・・、俺(父)も途中からしか見てなかったから、町内会の偉い人に、一応そういう場面を見たよと伝えておいた」・・・というのでございます。

 世の中、バイオレンスはどこで起きているか分かりませんね・・・
 怖い話ですがく〜(落胆した顔)
 間違いを正す親・・・最近減ってませんか?
 

by はたけ(^ω^)さん | Com(3) | TB(0) | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



この記事へのコメント
そういや以前、夜遅くに小学生らしき子が公園で遊んでたので、自転車で通りぎわに
早く家に帰りや〜と言うとその子は「アレ、学校の先生かなぁ」と言ってました。
他人の子に対して、なかなか注意しにくい雰囲気はありますね。
Posted by かすがべ at 2007年08月14日 23:28
実を言いますと僕も中二の時不登校でした。
Posted by のり at 2007年08月18日 20:58
>かすがべさん

そうね・・・、小学1年生くらいなら危ないことしてたら一言いえそうだけど、逆にしっぺ返し的な返事が返ってきたらショックなので、勇気いるよね・・・(汗)。 それに高学年〜中高生・それ以上の若者になっていくと、声をかけることすら勇気かなりいるね・・・。



>のりさん

実を言いますと、私も中三の頃不登校(扱い?)でした・・・。
中学世代って、1番多感でデリケートな時期な気がするよ・・・。
Posted by はたけ(^ω^)さん at 2008年05月04日 22:19
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51298996
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
トラックバック元の画像は Simple API を利用させていただいてます