お薬辞典 







2008年03月29日

カウンセリング2回目

 
 今回のカウンセリングは2回目となりますが、本番でなく、カウンセラーさんとカウセリングの方針を話し合うという段階です。

 
 前回に続いて、私の日常的な話を中心に話しました。

 といっても、今回は前回とは異なり、あまり話題の準備はしませんでした。
  (考え過ぎると、凄く疲れるんです・・・頭が・・・)


 思いついたことからポンポンと、カウンセラーさんに聞いてもらいました。
 
   
 
 細々と、思いついた不安事項から伝えたので、まとまりのない内容だったと思います。


 父が高齢で最近ボケが本気で心配になってきた・・・・とか

 別の精神疾患である母の対応に辛いこともある・・・とか

 社会に出る準備をしなきゃいけないのにやる気になれずにネット依存に逃げている・・・だとか

 でもネットの方も整備しないといけないことが山盛りなのに、まったくタッチできていなくて、優先度の高いものほど後手に回って逃げている生活だ・・・


 ・・・みたいな話を、あてもなくしゃべりました。 



 カウンセラーさんはそれらの話を、いくつかのメモにまとめ、問題定義・テーマ(?)として絞り込んでくれました。


 前回と今回は、準備段階。次回からの5回が本番(?)ということになります。

 

 抱えている問題をテーマに、日常生活を振り返っていく。。。
 カウンセラーさんと対話中心ですが、認知行動療法を導入することになりそうです。



 まずは回数を区切ってやってみる。

 という事なのですが、とりあえず5回で1クールという感じでしょうか。
 必要性があれば、その時にカウンセリングを延長するか決めるようです。



 今度の1回目から10週間の間に、どう生活が変わっていくかとか、何かしら見えてくる、カウンセラーさんたちとの対話で新たな「気づき」も生まれる・・・かもしれません。 
 

 漠然なご報告ですが、私の実際の認識・頭の中もまだ「漠然」ということでございます。



先生との問診
 主治医の先生との問診は、逆に短くなってスッキリ(?)済ます感じになりました(今回はあっさりすぎて、ちょっと不自然な気分になりましたが・・・)
 
 先生からの提案もあり、メインの抗うつ薬をMax量に戻すことにしてみました。
 つまり、トレドミン100mg/dayから、緊急避難措置的な量、150mg/day です。
 
 昨年夏は、うつ病の症状もだいぶ軽くなり、逆に暑さで動悸がでるようになってしまったので、一時期、トレドミンを50mg/dayに減らしていました。
 
 減薬しつつ単発バイトや講習会に出ていた矢先、急に燃え尽きてしまった・・・というわけです。その後も、しばらく(残暑厳しかった9月ごろまで)動悸があったので、トレドミン量は少なめ。冬あたりから、少しずつ増やしていました。

 
 1年前の冬も150mg/dayで乗り切ったので、またトレドミン効果に期待ですひらめき




 このところ、滅多に街にも出れないし、近所への散歩リハビリすらしていない毎日ですから、外出した時にできるだけ、歩く機会を作るようにしています。でも、大体次の日はダウンするので、急に歩きまくるのは良くないですね。徐々にハードルは上げないと、すぐに充電切れになりますから・・・。燃費が悪い体質になったことを、肝に銘じなくてはなりませんダッシュ(走り出すさま)



<治療費と薬代 14日分(1割負担)>
 治療費  500円
 薬代    880円
 ・トレドミン25mg      6錠/日(朝昼夕)
 ・メイラックス2mg     1錠/日(夕に1錠)
 ・防風通聖散        3包/日(朝昼夕)
 ・デパス0.5mg       7錠  (頓服)



(この記事は3月末にメモ記録した内容を、4月28日にアップしました)



by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク
うつ病治療中のダイエットのために
糖尿病食ダイエット レシピ一覧表

メンタルヘルス系ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ 人気ブログランキング

この記事をブックマークする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。