お薬辞典 







2006年03月30日

こんなにも,辛いなんて思いもしなかった

 この診察日の前に,父に付き添ってもらって大学院の卒業式へ行きました.学生の参列場でなく観覧席から父とともに式を見ていました.大学総長の式辞などでは,もう胸が張り裂けそうで,急いでソラナックスを半錠飲みました...「私は今までの過ちでこんな病気にかかり,今は学生としてではなく観覧席という遠い位置にいる...たとえ有名大学院を今日卒業したとしても,それは形ばかりで,結局大学での人間関係や信頼を断ち切り,ここの大学院とは無縁の存在である...」,代表として修了証書を授与されていく学生達と観覧席にいる自分との距離があまりに遠すぎて,涙が込み上げてくるのを必死で抑えていましたこれほどまでに辛く,,,苦しむことになるとは思っていませんでした...
 昼食時にソラナックスをさらに半錠飲み,午後は研究室へ挨拶に行きました.「ここの人たちは,私が病気であることを知らない...」. 筆者は親の介護という名目で研究室を留守にしていたので,みんな平然と筆者を迎えてくれます.実際みんなに会うとさっきまでの不安はなくなり,元気な自分を自然に(いや多少過剰なくらい)演じているのです正直,錯乱するんじゃないかと思っていたほどで,自分の心理状態のギャップに自分で驚くほどでした.写真撮影や花束贈呈などすまして,別館で待っていた父と合流して無事帰路に着くことができました.
 
 そしてクリニックの先生に経緯を説明しました.「随分大変な思いをしたようですね.でもこれで,不安材料はほぼ無くなる訳ですから,これからは安心して休息をとって治療に専念できますね.」 という先生の一言で何だかすっきりしました晴れ 処方箋は,一応前回と同じものを2週間分にしてもらいました.今月までが32条の5%負担で来月から自立支援法の10%に切り替わりますバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)来月に持ち越さず,3月中に一気にトレドミンを一定量まで増量させきるため,他の月の通院回数より2倍多かったわけですが,費用面でも随分助かった1ヶ月でした有料ぴかぴか(新しい)


<治療費と薬代14日分(5%負担)>
治療費  260円
薬代    352円
 ・トレドミン25mg     4錠/日(朝夕)
 ・メイラックス2mg   1錠/日(夕)
 ・ハルシオン0.25mg 1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   1錠/日(寝)
 ・ソラナックス0.4mg 10錠 (頓)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月20日

トレドミン増量 100mg/日

 トレドミン75mg/日から100mg/日になる日です.また,数日後に父とともに(付き添ってもらって)大学院の卒業式を控えています.ひと月まえの筆者にとっては,「卒業式くらいなんでもない」,と思っていたのですが,この頃の思考傾向や生活は最悪でした大学にいるトラウマの人たちとまた会わなければならない...今までも乗り越えてきたことですが,最後の最後で大きく圧し掛かってくるのです.不安が込み上げてきて,朝昼起きれません.夕食にも参加できないほどで,不安が酷いときは余っていた頓服のソラナックスを飲みました.しかし先月はソラナックス半錠で効いたのに,このときには1錠飲まなければ全く効かないのですがく〜(落胆した顔)
 クリニックの先生は私の話に耳を傾けながら,あまり卒業式という行事を話題にいれず,「とにかく不安時は副作用や依存性を気にせずソラナックスに頼ってください.ソラナックスは確かに1日3〜4錠というけれど6錠までなら増量できる薬ですから」,と助け舟をだしてくださいました. なお結局,睡眠薬をベンザリンへ変更しましたが,夜なんとか寝つけても朝昼だるくてしかたなかったので,レンドルミンレンデム)のように短期間に効いて効果の強いハルシオンに変更してもらいました.


<治療費と薬代10日分(5%負担)>
治療費  260円
薬代    272円
 ・トレドミン25mg    4錠/日(朝夕)
 ・メイラックス2mg   1錠/日(夕)
 ・ハルシオン0.25mg 1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   1錠/日(寝)
 ・ソラナックス0.4mg 10錠 (頓)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月11日

トレドミン増量 75mg/日

 前回はトレドミン50mg/日から開始し,まだ数個残っているベタマックを最初ある分だけ併用して,スムーズな抗うつ薬のシフトを心がけました.そのおかげでか,トレドミンに対する拒絶反応はなく,相変わらずの便秘,口が渇く程度の副作用しか気になりませんでした.また,この頃には,口が渇くという作用もほとんど無いくらいでした.
 この頃,筆者の生活は不眠症気味で昼起きれるかどうか,夕食にようやく起きてくるというものでした.天気も良くない日が続いたり,また卒業式で大学にいるトラウマの人たちと会わなければならないという不安も込み上げてきて,うつ気分が晴れないんだなと自分では考えていました.
 そこでクリニックの先生はトレドミンを75mg/日に増量するだけでなく,抗不安薬のメイラックスを夕食時に変更し,寝るまでに抗不安薬が作用するように切り替えるよう言われました.さらに,知人や家族が飲んでいたりで名前も知っていた,ベンザリンへ睡眠薬を変更してくれました.


<治療費と薬代10日分(5%負担)>
治療費  260円
薬代    237円
 ・トレドミン25mg     3錠/日(朝夕)
 ・メイラックス2mg   1錠/日(夕)
 ・ベンザリン5mg     1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   1錠/日(寝)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月02日

本格的な休息と治療開始

 先月の大学関連最大の行事(=修論発表)が終わりました.あとは今月の卒業式のみとなったので,そろそろ本格的に休息が取りやすくなります.これまでの問診から,すでにベタマック(ドグマチールのジェネリック)では抗うつ効果が弱くなっているというのが,クリニックの先生や筆者の頭にありました.また副作用の生理不順を何とかしたいという希望がありました.そこで,卒業式に向けて10日間隔で,ベタマックからもっと強い抗うつ剤へシフトさせることにしました.

 そのとき,筆者は某サイトの経験談からアナフラニールなど三環系のを希望してみました.ところが,先生いわく,「三環系抗うつ薬は確かに効き目は強いけれど副作用も強い.しかも微妙な調節次第で 躁転 する確率も高いから,僕はお奨め出来ないな...」. さらに,「教科書的な処方だし,薬に詳しいあなたなら知っているかもしれないけれど,まずSSRISNRIから始めるのがいいでしょう...これらは三環系並の作用があるし,効き目も早い.しかも,例えば心機能障害といった副作用が弱くなっているんですよ...あなたの場合,やる気とか意欲もあげてくれるSNRIのトレドミンがいいかしらね.」とおっしゃるのです.

 そんなやり取りがあって,3月中に新しく抗うつ薬トレドミン量を保険内最大量100mg/日に増量する計画を立てました.今回は50mg/日から開始し,まだ数個残っているベタマックを最初ある分だけ併用して,スムーズな抗うつ薬のシフトを心がけることになりました.余談ですが,ドグマチール(ベタマック)は本来,胃潰瘍などで使用されている薬です.なので,トレドミンとの併用にも抵抗はありませんでした.なお,精神科で使用しているのは日本とドイツだけだそうです.事実アメリカでは認可されていない薬です.


<治療費と薬代10日分(5%負担)>
治療費  260円
薬代    189円
 ・トレドミン25mg    2錠/日(朝夕)
 ・メイラックス2mg   1錠/日(寝)
 ・レンデム0.25mg   1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   1錠/日(寝)
 ・ビオフェルミンD    3錠/日(食後)

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月16日

やりきった!そして申請だ!

 この診察日前に,人生最大の危機である論文発表をしてきました.大学側には親の介護で実家に釘付けと思われているので,発表や引越しも含め滞在期間をごく短く切り上げて実家に帰れました.この期間は抗不安薬のソラナックス半錠を日に4〜5回のみ,発表内容を変更するため睡眠薬も飲まず作業していました.それでも,まだ自分の関わってきたことを発表するため,うつ病患者とは思えない集中力が出せ,思ったよりまとまった形になったので,自分でもすっきりした気分でした.でも,それが終わると,もうここに居たくない・早く実家に帰りたい,と不安や焦りが現れ急いで予定を切り上げたほど感情が激変しました.

 H先生(以降H先生を先生または医師とします)に状況報告をしたあと,抗不安薬ソラナックスからメイラックスへの移行を提案されました.理由は短時間強作用のソラナックスは確かに効くが依存性も強く,薬を減らすとき体が過剰反応してしまう.一方メイラックスなら,作用時間が長いので(半減期120時間),最初は作用が弱いけど,飲み続けることで徐々に血中濃度が高くなってちゃんと作用します.逆に投薬量を減らすときも徐々に血中濃度が薄まるから,離脱作用が少ないのです.



 その後,うつ病などの治療費負担を軽減する通院医療公費負担制度(32条)及び自立支援法みなし認定のための診断書を書き始めました.これは普通の診断書と違って,病気のカテゴリーを記入する欄やら質問項目が多いのです.余談ですが,先生方は非常に勉強熱心な感じで,「これ何ですか?」とか「の話」になると筆者がある程度は調べていることを踏まえて,本や雑誌などを見せてくれます.おかげで十分なインフォームド・コンセントができていると感じています.それにうつ病治療のプロトコルや,アメリカ医療とドイツ医療の違いなど,ネットや本で得られなかったマメ知識を与えてくださるので,クリニックに行くのが筆者は楽しくて仕方ありませんわーい(嬉しい顔)


<治療費と薬代14日分(3割負担)>
治療費  1540円
薬代   1180円
 ・ベタマック50mg   3錠/日(朝昼夕)
 ・ソラナックス0.4mg 3錠/日(朝昼夕)
 ・メイラックス1mg   1錠/日(寝)
 ・レンデム0.25mg   1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   1錠/日(寝)
 ・ソラナックス0.4mg 10錠 (頓)
別個で32条・自立支援法届けをだすための診断書料金 5000円(保険外)

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年02月06日

どっちの医師だろう...

 1月末に,父と母にうつ病精神科クリニックに通っていることを泣きながら打ち明けました.さすがに筆者の様子がおかしいことには気づいていた親も,通院までしているとは思っていなかったようです.多少の混乱はありましたが理解してくれ,筆者の心の健康を第一に考えてくれることになりました.全ての出来事を伝えたわけでなく,発病のきっかけなど親も知らないのですが,それを問いただすようなことはされないので,本当に心の負担が減りました.

 さて通院内容ですが,この日は以前のO医師ではなく,H医師になりました...またも思っていたより若めの男の人でこのクリニックの院長のようです...みんな同じ姓だからO先生のお兄さんか??? 指輪もしてたから結婚されてるのね(笑).


 初対面だし,どこまでO先生からH先生に話が伝わっているのか,ちょっと不安でした.でも院長が出てくるとなると,筆者は重度のなのか...とにかく現状報告をしました.
 この頃になると,論文発表会を控え大学側との連絡による負担が圧し掛かり,酷い肩こりがでるようになりました.この肩こりは以前にも経験したことがありました.冬場に毎月厳しい作業(2,3日ですが)を一人でやっていたときです.滋養強壮の市販薬を飲んでも,お風呂でマッサージしても,日ごろ体操しても治らず,1〜2週間たっていつの間にか治るけど,またその作業の日が来ると肩こりが出るのです.うつ病の場合,ストレスを受けることで肩こりなどの体に症状がでることがあります.当時からうつ病のサインは出ていたのに気づいてなかったのです.
 また,不安感のためかイライラすることが多くなりました.そのため,H先生は抗不安薬セディールから即効性のあるソラナックスに代えてくれました.さらに,これから論文発表に向けてストレスが増大することを懸念されて,不安時用に頓服でソラナックスを余分に処方してもらいました.
 H先生と一通り問診表にあった内容も確認し,現状報告もし,処方内容が決まってから,筆者はO先生に対して聞いたことと同じ質問をH先生にしました.
 「前回の先生にも同じ質問をしましたが,H先生から診て,私(筆者)のうつ病は長期戦になると思われますか?」
 「うぅ〜んとですねぇぇぇ,,,治療期間の統計データにも色々あるのだけど,早ければ3〜6ヶ月で治る人もいるし,1年,2年とかかる人もいます.そこで僕の診立てですが,,,あなたは,まだ負担材料である大学側との接点もあって,完全に休息・治療をしている体制ではないのです...それにかなり長い期間,心的苦労もされている...だから3〜6ヶ月とか速いペースでは完治までできると言い切れないですね...それに,完治してからも数ヶ月から1年くらいは予防のために抗うつ薬などを飲むのが一般的なので,焦らず気長に治療していきましょう晴れ」 

 この答えを聞いて,さらに先生に相談しました.両親とも相談し,長期戦になるならば通院医療公費負担申請(通称32条)をして治療費負担を減そうと決めていたのです.H先生に申請手続きをクリニックでするのか訊ねたところ,まず役所で専用の診断書をもらってきて,それに先生の診立てを記入することになります.それに,申請するなら,まず住民票を移さないといけませんね(まったくそうです).
 それにしても,総合病院などの内科とか診察時間は10分程度です.精神科といえど,このクリニックの先生方は若いからか熱心に対応してくださる...診察時間が基本30分,のめりこむと1時間.筆者の後の患者さん,筆者のせいで待たせてごめんなさいね.


<治療費と薬代14日分(3割負担)>
治療費  1550円
薬代   1130円
 ・ベタマック50mg      3錠/日(朝夕)
 ・ソラナックス0.4mg    3錠/日
 ・レンドルミン0.25mg(?) 1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg      1錠/日(寝)
 ・ソラナックス0.4mg    10錠 (頓)
このときH先生と多くの話題をしたためか,レンデムでなく高い方のレンドルミンを処方されちゃったのです,,, たらーっ(汗)

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 1〜3月 このエントリーを含むはてなブックマーク