お薬辞典 







2020年05月28日

躁うつ病にて睡眠不足のため、お薬変更しました(詳細事例)

 みなさん、こんにちは(´ω`)今日も暑い1日でした。通院してきたんですが、日差しが容赦なくてたまりませんでした。

 大うつ病と診断されて数年。その後、躁うつ病だと明らかになり、随分と年数がたちました。初診医院である現在のクリニックにかかって、もう15年になるでしょうか。

 最近ブログで公開していなかった、お薬履歴を久しぶりに更新しようと思い立ち、ちょっと細かく書いてみようと思います。

 まず、私は自立支援法を申請しているため、医療費は3割でなく1割負担です。

 クリニックの医療費は大体、毎回440円ですね。

 詳しくクリニックの医療費明細を見てみましょう。

 ・再診料    73点
 ・処方箋料(向精神薬多剤投与) 28点
 ・一般名処方加算(処方箋料)   5点
 ・通院精神療法(30分未満の場合、1回につき) 330点

 こんな内訳ですが、皆さん、御自身の明細書ってご覧になったことありますか? 最近は私も詳しく無いのですが、たまに10円違う事があるので、何かが違うんだろうなとは思いつつ、忙しいクリニックの受付さんに『なぜですか?』なんてことも聞けず、謎の状態のままです。

 処方薬については、紆余曲折があったので、先にその点をサラっと書きます。 

 睡眠時に非ベンゾジアゼピン系のベルソムラというお薬を使っていたのですが、これ、ご飯の後すぐに飲むと効き目が遅れるというか、ずれ込むんです。
  
 ベルソムラを食後すぐに飲むと、眠たくなるのも遅くなり、目が覚めるのも凄く遅くなります。よって寝坊してしまう。おまけに、なかなか寝付けないからイライラします。

 ベルソムラのせいだけではないと思うのですが、この所なかなか寝付けず、寝れても3時間もしないうちに目が覚めてしまい、日中に凄い眠気が襲ってくるため、日常生活に支障をきたしていました。

 というわけで、本日、主治医さんと相談し、ベルソムラがハルシオン(トリアゾラム錠)に変更されました。まだ試していないので、今晩、ちゃんと寝付けるかどうか、気になるところです。

 そんな紆余曲折は置いといて、今日の処方薬をズラッと書いていきます。
  
 ・カルバマゼピン(テグレトール)200mg×3錠/日(気分安定薬)

 ・バルブロ酸ナトリウム(デパケン)200mg×4錠/日(気分安定薬)

 ※テグレトールとデパケンは抗てんかん薬としても使われますが、私の場合『気分安定薬』として使われ、躁と鬱の波を穏やかにする作用があります。

 ・センノシド12mg×2錠/日(お腹の薬)

 ・重カマ(酸化マグネシウム)0.3333g×3錠/日(お腹の薬)

 ・防風通聖散2.5g×3/日(お腹の薬)

 ・ルパフィン10mg×1/日(抗アレルギー薬)

 ・リスペリドン錠1mg×4/日(統合失調症用のお薬ですが、躁を鎮めるために用いられています)。

 ・ロフラゼプ酸エチル錠(メイラックス)2mg×1/日(抗不安薬)

 ・ロラゼパム錠(ワイパックス)0.5mg×3/日(抗不安薬)

 ・フルニトラゼパム錠(サイレース・昔のロヒプノール)1mg×2/日(睡眠導入剤)

 ・トリアゾラム錠(ハルシオン)0.25mg×1(睡眠導入剤)

 薬局さんの領収書から点数を記載しますと、下記のようになります。

 ・調剤技術料   280点
 ・薬学管理料    43点
 ・薬剤料     588点
 ・保険合計点   911点

 お薬代(10%:3週間分) 1500円

 ちなみに、睡眠導入剤がハルシオンでなくベルソムラだった時は、お薬代が1780円でした。ベルソムラは280円(3週間分)高かったことになりますね。(今は新型コロナウィルス問題が気になるため、2週間通院だったのを3週間通院に伸ばしています。けっこう苦痛です)。

 ちなみにちなみに、しばらく前に頓服として、リスペリドン内服液とソラナックス錠を10錠(包)ずつ貰っていた時期があります。発作が酷い時・不穏時に飲むのですが、大体、発作は突然やってくるものであり、ポシェットにも入れて持ち歩てはいるものの、瞬間湯沸かし器のように頭がなっても、すぐに飲むことが出来ずイライラを爆発させたことも度々・・・(´・ω・`)

 このリスペリドン内服液やソラナックスを、睡眠時に一緒に飲むと、これがまた爆睡!! 2〜3日は起きれなくなります。 なので、本当に不穏時にしか飲めない、私には扱いの難しい薬で、そこそこ手元に余っています。そんなわけで、今は頓服を頼んでいません。

 今日、ベルソムラからハルシオンに変わったこと以外は、随分と処方薬やクリニックの点数・医療費など変更はほとんどありません。

 こんなに細かく、毎回書いていたら疲れちゃうので、また気が向いたときに記録しようと思いますが、たまに記録を取っておくと、いざ災害にでもあった時、ネットにつなぐことが出来れば、お薬手帳を紛失しても何とかなりそうな気がします。

 また、つまらない事でも思いついたらブログをアップします。ではでは、その時まで(・ω・)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年09月20日

消費税が10%になる前にしたこと

みなさん、おはようございます(´ω`)今朝は頭の中スッキリな、はたけです。

 昨日は9月最後の通院日だったのですが、来月から消費税がね、10%になるでしょ・・・(´・ω・`)

 ですので、DHCでサプリメントやダイエット商品をまとめ買いをしました。かなりの出費だったけど、DHCさんは割引や特典やオマケなどのサービスが豊富なので助かります。

 ちなみに購入したのは、下記の通り。

 ・DHA&EPA
 ・カテキン
 ・瞬間ブレスエチケット(ミントカプセル)

 ・ヘム鉄
 ・ダイエットパワー(カルニチンやαリポ酸が入ったもの)
 ・食べたい時のダイエットパウダー(難消化性デキストリン+ギムネマ+キトサン入り)

 こんな品々を3個ずつくらい買いましたかね(・ω・)

 私にしては凄い出費(再度書いてみた)。 

 DHA&EPAは頭の冴えのためと中性脂肪対策のため以前から飲んでいたのですが、この度、試しにカテキンとミント(=メントール成分)を追加購入しました。

 買った理由は、下記のサイトが理由です。
  

 痩せるにつながる「褐色細胞」を増やすべく、上記の番組サイトや、同様の内容「たけしの家庭の医学」でも紹介されていた成分を、サプリメントで摂取しようという試みです。 

 (いや、毎日のように同じメニューとか、歯磨きできないタイミングで口臭を気にする魚料理とか、その上ミントを加えたメニューを続けるというのも難しいかなと思って、サプリという方法で横着してみました)。

 実はですね最近まで、統合失調症用のレキサルティというお薬を試していたのですが、主治医さん曰く、レキサルティは糖尿病(または家族に糖尿病患者がいる)の人でも禁忌でなく安心して飲める新しい目のお薬なんだそうです。
  
 行きつけの薬剤師さんも切れがいいというか、効果が明瞭にでやすいお薬だと、レキサルティを評価していました。

 なお、統合失調症用と書きましたが、躁鬱病の躁など(?)にも適用されているようで、特にイライラ症状を抑えるのにも向いているとのことで、主治医さんの提案に乗って試してみたのです。

 日々、家庭の事情でイライラし、おまけに体重がなかなか減らなかったのでさらにイライラしていた私ですが、元々飲んでいたサブのお薬=糖尿病の危険性がある私が併用使用していた、エビリファイとリスパダールを徐々にカットして、お勧めされたレキサルティに徐々に移行しました。

 でもこのレキサルティ、私にはどうも合わなかったようで(生理周期とか様々な要因がありますが)、、、余計にイライラがつのり爆食いも久しぶりにしたし、凄く体重が増えてしまって、お相撲さんクラスに突入になってしまったのです(高プロラクチン血症なのか生理も予定期間に来ないし・・・(´・ω・`)。

 なので、前回の通院時にレキサルティをストップし、代わりにリスパダールだけで調整ということで前より多めに再度加えたのです。そしたら、今度は眠くて眠くて、日中の活動がほぼ停止状態(でも2週間程度で2kg減になったので嬉しい結果)。

 ただ眠気は本当にダメです。運転にだって支障も出るし。食っちゃ寝食っちゃ寝の日々に近いので、また体重が増加しかねません。1日の活動量低下というのも、もったいないし、寝すぎも体に良くないと言われています。

 ということで、昨日の通院時にはリスパダールを1日3回(3mg/日)から夜1回(1mg/日)飲むに変更したら、あらまぁ、朝からブログが書けるくらい頭スッキリ。

 あとはイライラ症状が治まってくれれば御の字なのですが、これは家庭問題もあるので、長期戦になるかもしれません。 

 そんなわけで、消費増税前のサプリメント爆買いと、サブに飲んでいるお薬の推移をメモしてみました。

 みなさん、増税前に必要な消耗品をある程度、購入しておくことをお勧めします。うちは消耗の激しいファブリーズや、年末大掃除用品とかまで見越して買っていますよ。

 ポイント還元とか増税後のバーゲンセールもあると思いますが、様々なお店、特にアパレル関連では秋物登場だけでなく冬物までもが既にセール状態なので、お店側も9月が売り時と考えているようですしね。


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年07月02日

鉄分(フェリチン)が不足していたので、鬱っぽかったのか?

 丁度、昨年7月の通院記録なんですが(古い話ですみません)、精神科でとある検査のついでに、フェリチンを検査しました。フェリチンは血液検査で値が分かります。簡単な検査です。

 その働きは、鉄分を細胞内に貯蔵して、トランスフェリンとの間で鉄の交換を行なって血液中の鉄分(血清鉄)の量を維持することです。よって、フェリチンを検査することにより、貯蔵鉄の量を調べることができます。

 最初は、なぜフェリチンを測定したのか理由が分からなかったのですが、調べてみて次のようなことが分かりました。


>>フェリチンとヘモグロビンは扱いが違う

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2014年01月02日

またも正月鬱に

あけましておめでとうございます。  
 正月早々、不安定な、はたけです。
  
 どうも、正月うつ病(仮称)にかかっている模様です。
 
 今日は抗不安薬(ソラナックス)で持たしているのですが、昨日は突然、涙が止まらなくなってしまい、頓服飲みまくり(いや、制限量は守っています)でした。
 
 
 突然の気分の落ち込みに、鬱の恐怖が脳裏をよぎりました。

 世間が浮かれている時期というのは、年末だとクリスマスがありますよね。クリスマスは好きなんですよ、気分が上がりますし、家族へのささやかなプレゼントを選んだりと、ウキウキすることが大半です。
 
 一方、お正月というのはTV番組も無理やり浮かれている感じがします。初笑いは良い1年を迎えるのに良いことなんですけどね。クリスマスで全エネルギーを費やしてしまうから、正月に向けて鬱に向っているのかもしれません、私の場合。
 
 正月休みはまだしばらくありますね。
 
 以前書いた、正月うつ病の予防の記事を、リンクします。

 基本は規則正しい生活です。

 みなさんにとって、良い一年でありますように(・ω・)
 
 
  

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2012年07月15日

うつ病から躁うつ病へ

みなさんこんばんは(・ω・/

 
 長い間、パソコンからも離れてしまい、脳みそとろけてしまって、頭の回転がついていけないもどかしさがあります。この数日、ちゃんと机でパソコンに向き合う事ができていて、久しぶりにちょっとした勉強や読書もできました。良い機会なので、お知らせしようと思っていた事があります。

 
 いまさらというのは遅いのですが、
うつ病から躁うつ病に診断が変わりました治療薬自体はもう数年前から、躁の症状に対応となり、抗うつ薬は(発作がない限り)飲んでいません。
 
>>うつと躁では症状や印象も変わるんです。

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月29日

カウンセリング2回目

 
 今回のカウンセリングは2回目となりますが、本番でなく、カウンセラーさんとカウセリングの方針を話し合うという段階です。

 
 前回に続いて、私の日常的な話を中心に話しました。

 といっても、今回は前回とは異なり、あまり話題の準備はしませんでした。
  (考え過ぎると、凄く疲れるんです・・・頭が・・・)


 思いついたことからポンポンと、カウンセラーさんに聞いてもらいました。
 
 >>カウンセリングと問診

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク