お薬辞典 







2006年05月25日

うつ病,,,再燃か???

 今日は2週間ぶりの通院の日です.先週のこともありましたが05月21日),なんとか気を持ち直し以前のような大事04月22日に成らずにすみました...でもこれは,うつ病再燃にあたるのか,,,処方箋はこちら



by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月21日

閑話 … 再燃(?)

 今日は,診察日ではありません.ですがこの1週間ほどで,うつ病の症状に劇的な変動があったので,診療前に記しておこうと思います.
 まず,先週の朝,父があることを話しました.「○○にはいい建物もあるし,また行ってみたいなぁ,,,」 と,この○○には,筆者にとってうつ病の元凶:トラウマ的土地:大学院のある都道府県が入ります.父の趣味範囲の話ですし,最初の方は聞き流せたのですが,「ちょうど△△祭のニュースが流れてたよ...」,,,とこの辺りで,どうも筆者の限界が来たようです.気分はなんだかドンヨリして,ボソッ「父さん,もう○○の話は切り上げないかぃ?」と頼んだところ,父も異常を察してパッと話を切り替えてくれました.そして,再び自室のベッドから抜け出せない生活が始まってしまったのです.


 今回は,前回の自殺未遂(→4月22日)のような希死念慮はなく,,,,

続きを読む

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月11日

抗不安薬を減らしてもらおう

 前回トレドミンの作用を増強させるリーマスを増量してもらいました(200mg/day→400mg/day).それからというもの,このブログを立ち上げるなどやる気が出たり,思考力や体力が格段にあがりました.トレドミン本来のノルアドレナリンへの作用,つまり不安を取り除くだけでなくやる気を起こす作用がリーマスによって現れたようなのです.
 ただ,先日また母の親戚の学歴の話(なぜか自分と比較されているように感じる)で口論をし,希死念慮に取り付かれ,父が私に半日付き添ってくれ,ヒルナミン無しでその日を乗り切りました.それもあってか,今日の診察にも父が同行してくれました.
 そんな出来事もあったのですが,大半の日は安定していたので,クリニックの先生にリーマスを増量してさらに感情の起伏を抑えたい効いているのか判らない抗不安薬メイラックスを2mgから1mgに減量して依存性を減らしたいと希望しました.
 先生いわく,「アメリカのうつ・躁うつの場合の治療方法は,SSRI・SNRIと抗不安薬を併用することからはじめるけれど,メイラックスのようなベンゾジアゼピン系抗不安薬はひと月ほどで減量していくのですよ...なので,ちょっと早いけれど,不安も無く・やる気も出てきて・安定してきているようだから,リーマスは増量(400mg/day→600mg/day),メイラックスは減量をしましょう」...ということになりました.なお,ヒルナミンは余っているので投薬保留.
 

<治療費と薬代14日分(1割負担)>
治療費  500円
薬代    730円
 ・トレドミン25mg     4錠/日
 ・リーマス200mg    3錠/日
 ・メイラックス1mg     1錠/日(夕食)
 ・ハルシオン0.25mg  1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   4錠/日(寝)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月27日

精神安定薬を減らして...

 先日は電話でも筆者の様子を気にしてくれた先生は,今日も希死念慮などないかを確認しているようです.今回は父のみ付き添いで来てくれ,だいぶ落ち着いたようだと説明していました.この段階で筆者は,なぜあんなことをしたのか,動機やらきっかけやらがまったくと言っていいほど当時のことを覚えていません.とにかく,突発的に行動してしまったとしか言えません.後悔の念が無いわけではありませんが,むしろ記憶が無い,というのが本音です
 ところで,ヒルナミンと私が使用しているリーマスは相性が悪いといいます(副作用が増強など).ヒルナミンを飲むと日中は活動できないので,せめて朝・晩の2回に減量できないか相談しました.また一方で,リーマスを200mg/日から400mg/日まで増やして,抗うつ薬の作用を増強できないか相談しました.先生も承諾してくださり,ヒルナミンはとりあえず朝・晩で出すけれど,便秘とか酷くなって困るだろうから,朝とか減らしてもかまわないですよ...とのことでした.  

 ちなみに,今回の治療費は140円と安いです.1週間以上間隔のあいた患者さんの会計では,保険内に含まれる精神科専門療法という項目の点数が360点あり,支払う料金に加算されます(筆者の料金は毎回500円).それが,前回と今回の受診が1週間以内であるため,その項目が0点になり,360円安い140円で済んだのです.

<治療費と薬代14日分(1割負担)>
治療費  140円
薬代    730円
 ・トレドミン25mg     4錠/日
 ・リーマス200mg    2錠/日
 ・ヒルナミン5mg     4錠/日(朝寝)
 ・メイラックス2mg   1錠/日(夕食)
 ・ハルシオン0.25mg  1錠/日(寝)
 ・プルゼニド12mg   4錠/日(寝)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月24日

電話で確認

 先日ヒルナミンを処方されてから,約束の経過報告の日になりました.お昼ごろ電話して,先生に言いました.ヒルナミンのおかげでほとんど一日中眠っている感じです.母とのいさかい後一食も口にしてなかったのですが,ご飯も食べれるようになりました...というようなことを,半分寝ぼけた調子で報告しました.
 それを聞いた先生は,ご飯も食べれるようになってよかったですね〜.と喜んでいる様子でした.親も電話の前に同席していたのですが,ちょとほっとしたようです.

by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年04月22日

予想外の緊急事態

 今回は予定外の緊急診察でした.最悪の事態が起きてしまったのです...

 この数日,筆者は自宅に光電話を導入するということで,電話周辺のマニュアルなどを頭に叩き込んでいました.なぜなら,そのときまで家族は電気関連シロウトで,全て筆者に任せきりだったのです.そんな中,光電話工事前日に母方の叔母から電話があり,1階の母の雑談が2階まで筒抜けで聞こえてきました.筆者は卒業した大学側に就職したと口実をついています(担任らが心配するので).その設定は親族に対しても徹底したはずでした.それが,母は叔母に私が卒業したのに無職で家にいるということを,ペラペラしゃべっていたのです.その叔母というのが親族の中でもスピーカーのような人で,他の親族にまで筆者自身の現状が暴露されるのは必至と咄嗟に思い,母に話題を代えるよう父とでサインを送りました.電話後,私はパニック状態に陥り,その日から,「親族に病気がバレる...もう自分なんて消えてしまいたい...」と希死念慮がふつふつと沸いてきたのです.

 何とか電話工事の日を終え,親も筆者の苦労を理解してくれたので,自分たちで電話の使い方を覚える努力をしてくれました.「もう,これだけインフラ設備の設定もできれば親だけでもやっていける.自分の必要は無くてもいいだろう...親族にバレるくらいなら,いっそ死んでしまいたい...」.そんなとき,目の前にぶら下がるガウンの帯紐が目に入りました.テレビでやっていた自殺トリックにありました.手すり程度の低い位置でも,首に紐を巻き,座り込めば,自重で首が絞まると...それを筆者はベランダの手すりで実行しました.

 気がつくと,買い物から帰ってきた父が,私をゆすり起こしているのです.「父さんより先に逝っちゃダメだ・・・」を繰り返しながら...私が咳き込んでいる間,親がクリニックに電話し,緊急で診てくれることになりました.親子3人で向かう間,筆者は随分と放心状態にありました.ところが先生にだけは,自分から今までの出来事をスラスラと説明しました.親も色々説明していたように覚えています.そして,先生からメジャー・トランキライザーのヒルナミン(またはレボトミンと言われます)を薦められました.これは脳内を眠らせて思考力を休めて,希死念慮など余計なことを考えないようにする薬だそうです.それから万が一,夜間や休日などにまた同じような状態になったとき救急で診てくれる,精神科専門の救急病院の連絡先を教えてもらいました.とにかく,ヒルナミンで様子を見て,また来週月曜日に電話で経過状況を教えてください,と先生から言われました.

<治療費と薬代6日分(1割負担)>
治療費  500円
薬代   140円
 ・ヒルナミン5mg    6錠/日(朝夕)


by はたけ(^ω^)さん | 通院記録・処方薬 4月〜 このエントリーを含むはてなブックマーク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。