お薬辞典 







2020年10月06日

歯周病とアルツハイマー型認知症

 今日の新聞で、歯周病菌と認知症の関係についての研究記事が載っていました。

 歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを九州大などの研究チームが解明した。歯周病と認知症の関連は近年注目を集めており、認知症対策につながる発見という。

 認知症の7割を占めるアルツハイマー病は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なたんぱく質が長年、少しずつ脳に蓄積し、発症や症状の進行につながるとされる。

(中略)

九大や北京理工大(中国)などの研究チームは、マウスの腹の内部に3週間、歯周病菌を直接投与して感染させ、正常なマウスと比較した。

 その結果、歯周病菌に感染したマウスの脳血管の表面では、Aβを脳内に運ぶ「受容体」と呼ばれるたんぱく質の数が約2倍に増えていた。脳細胞へのAβの蓄積量も10倍に増えた。


 この研究チームの武洲(たけひろ)九大准教授については、九大に特集ホームページが用意されていて、より詳しい研究の経緯が掲載されています。

 興味のある方は、下記の九大のホームページへ飛んでください。
  
 九州大学 先生の森

 丁度、私、今年から歯科受診を再開したんですよ。
  
 数年前にちょっと歯医者絡みで気落ちをして、それからしばらくお休みしていました。

 歯科検診が安く受けられたので、今年から再受診したわけなんですが、数年前より歯科医院側に良い変化があったのと、レントゲンを撮ったら虫歯が見つかってしまったことで、毎週のように今は通っています。

 歯周病ケアというか、歯石クリーニングの方が気になっていまして、数年放置していた歯石が巨大になっていないか一番、気にしていたんですが、歯石自体はそんなに大きくなかったそうです。

 でも、かわりに虫歯が見つかって、しかも結構、そちらの被害が大きかったのがショックでした。

 まだ年齢的には認知症を気にしなくて良いかなと思っていましたが、すでに中年、もうオバサンに突入していますから、これからの歯周病ケアを大事に行わないと、早いうちから認知症になってしまうかもと思い、少し不安になっています。

 口腔内環境を良くするためにも、みなさんも丁寧な歯磨きを。そして健やかな脳を保ちましょう。



by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク

2020年09月29日

心がつらくなった時の相談窓口

 昨日は芸能人の方の死にまつわることを書きまして、『日本いのちの電話』や厚生労働省のホームページを掲載しました。

 改めて、心がつらくなった時の相談窓口が沢山ある事をお伝えしたく、電話番号やリンクを貼っていこうと思います。 


 よりそいホットライン  0120-279-338(つなぐささえる)=全国から
   
  0120-279-226(つなぐつつむ)=岩手、宮城、福島の3県から  

 生きづらびっと=SNSでの相談はこちら(https://yorisoi-chat.jp/
  
 いのちの電話相談  0570-783-556=ナビダイヤル 午前10時〜午後10時  

 自殺予防「いのちの電話」  0120-783-556(なやみこころ)=毎日午後4〜9時、毎月10日(午前8時〜11日午前8時)にフリーダイヤルの電話相談  

 日本いのちの電話連盟は>>https://www.inochinodenwa.org/

 全国のいのちの電話の一覧表は>>https://www.inochinodenwa.org/lifeline.php 

 東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター)  03-5286-9090=年中無休、午後8時〜午前2時半(毎週火曜日は午後5時〜午前2時半、毎週月・土曜日は午後10時半〜午前2時半)

 厚生労働省の自殺対策のホームページ(相談窓口案内有り)



 必ずしも明解な回答が得られるとは限りませんが、一人で抱え込むより人に話すことから始めることで、心が楽になる事もあります。

 難しい相談を受けた側の人も、その時点で一人で抱え込もうとせず、こういった相談窓口を利用してみてはどうだろうか?と案内しても良いと思います。

 生きづらい世界で生きている人、頼りたい時に頼れる人がいない人、頼りたくても頼ったらいけないと思い込んでいる人。

 色々な悩みを抱え込まずに、話を聞いてもらう事から始めてみてはいかがでしょうか。



by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク

2020年09月28日

日本いのちの電話

 10月からのドラマ『相棒シーズン19』を録画しなくてはいけなく、HDD容量を空けるため、最近になって昔のドラマを見ていました。

 丁度先日『相棒シーズン15最終話』にて、週刊フォトスの風間楓子役に、先日亡くなった芦名星さん(享年36)が出ているのを見ました。

 あぁ、この方が亡くなられたのか・・・と思い、ネットで調べたら結構『相棒』に参加してらっしゃる。今後も見ることになるんだろうな、そう思っていました。
  
 私は芸能に詳しくないので、どういういきさつかは分からないのだけど、コロナ禍だから?コロナ鬱になったとかだから?色々とインターネットではチラチラ話題になっていました。
  
 その前には三浦春馬さん(享年30)、今日知ったのは竹内結子さんが27日、40歳で亡くなった事で、随分と負の連鎖が続いているような気持になりました。
  
 もしも、コロナ鬱とか心の問題が原因なら、『いのちの電話』をかけてみるとか、周囲の人に相談してみて欲しい。 

 相談を受けた人も、冗談だと思わず、いったん耳を傾けて欲しい。

 私は最初、コロナ鬱はそう広がらない、マスコミなどがネガティブな情報を垂れ流し過ぎだから、負の感情に陥る人が多くなるのだ、そう思っていました。

 でも、ここまで来ると、コロナでうつ病になっている人が、自殺をしてしまっているのか???と深刻に考えるようになりました。
  
 とはいえ、災害立国で財源も少ない状態の日本政府が、国民に生活費という大金をばらまいてくれるとも思えない。

 もしも、鬱・うつ病に陥っている人がいるならば、いのちの電話などに電話をしてみてください。

 具体的な答えが出るとは限らないけれど、何かしら光は見えるかもしれない。

 心が軽くなるかもしれない。

 やらないよりやる勇気。電話をしてみましょう。 

ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時〜午後10時)

フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時〜午後9時/毎月10日・午前8時〜翌日午前8時)

厚生労働省:自殺対策の案内にSNSや各地の電話相談先が載っています。





by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク

2020年08月27日

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のポップアップ連絡

 先月公開された新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)ですが、今月から謎のポップアップ連絡が来るようになりました。

 といっても、感染者との接触があった、そういう連絡では無いのです。

 まずは前例が無いかネットで調べたら、下記サイト(ブログ)さんがヒットしました。


 上記サイトと重複する内容でもありますが、私も厚生労働省側へメール確認したので、その結果をお知らせします。

 (長い内容です。理由は上記ブログさんと現時点で、一部違う事もあるからです)。 


>>続きを読む

by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク

2020年07月27日

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を広めましょう

 みなさんは、厚生労働省から発行されている、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を、スマートフォンに既にインストールしてらっしゃるでしょうか?


 このアプリはGPSといった個人情報は取らずに、Bluetoothという近接通信機能を利用して、1メートル以内15分以上の接触した人に新型コロナ陽性者が出た場合にお知らせしてくれ、その後の対処を教えてくれる機能を持っています。
  
   
 もう少し正確に書くと、アプリを実行した際に、各スマホで『接触符号』を生成して持ちます(接触符号例:0000とか1111とかそんな符号です)。

 この際、氏名・電話番号・などの個人情報やGPSなどスマホの位置情報を使う事は無く、記録されることもありません。

 記録される接触の条件は上記の通り、Aさんの接触符号0000番とBさんの接触符号1111番を例にしたら、他のアプリユーザー(AさんとBさん)が15分以上、1メートル以内と接触した場合、『接触』として記録されます。

 接触情報の記録について、この接触した時に、接触した相手の接触符号の記録をアプリに行います(AさんのアプリにBさんの符号1111が記録されます)。

 どちらかの利用者が陽性登録を行うまでは接触の情報は利用されません。

 接触の履歴は14日後に消去されます。 ※接触符号は定期的に変わります。

 接触の確認方法ですが、接触した人の中に新型コロナウィルスの陽性登録者がいた場合、スマホにプッシュ通知が届きます。

 もしアプリユーザが、検査により新型コロナウィルスの感染確認された場合、保健所などの公的機関から登録用の『処理番号』が発行されます。
  
 アプリCOCOAを用いて、この処理番号を登録します。

 陽性者と14日以内に接触した人のスマホアプリ(COCOA)に通知が届きます(あくまで1メートル以内、15分以上接触した人へ通知)。

 通知される情報は端末の『接触符号』のみです。  
  
 それ以外の氏名など個人情報や位置情報が送られてくることはありません。

 このアプリCOCOAは、Bluetoothを利用し、他のスマホと近接した場合に上記の作業を行いますので、プライバシーは守られます。
   
 また、アプリをアンインストールしたり、接触の記録停止をすれば、過去の情報を削除することもできます。

★もしも陽性者との接触があった場合、アプリからも陽性者と接触があった日付の一覧が確認できます。また適切な連絡先をお知らせしてくれます。
  

 大事なのは、新型コロナ陽性となった人でアプリCOCOAを使用している人は、処理番号をCOCOAに登録しないと、過去14日間に接触した人達に接触情報が通達されない事でしょう。

 また、アプリCOCOAが世間に広まらず利用者が少ないと、新型コロナ陽性者と接触していても情報が得られないことです。

 このアプリCOCOAには、アプリを広めるため『アプリを周りの人に知らせる』機能も付いています。

 (私がメール転送を試したら、androidスマホからはandroid版のCOCOAインストール画面への案内リンクが送信されましたので、androidからiPhoneに送るなら、厚生労働省サイトのリンクを送った方が良いかもしれません)。

 私は今のところ、親と友人にCOCOAを広めました。

 厚生労働省のホームページによると、ダウンロード数は7月22日時点で約797万件だそうです。
  
 肝心の陽性者登録数は、7月22日で38件だそうです。

 スマホは若い世代が大半持っているでしょうし、今現在、新型コロナウィルスの感染者が多いのは、まだ20代〜50代と比較的若い世代が多いです。 
  
 是非、厚生労働省のアプリCOCOAを世に広めて、新型コロナウィルス対策に用いましょう。
  


by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク

2020年06月25日

脳も疲れるらしい:イミダゾールジペプチド

 大分前に、池谷裕二さんと糸井重里さんの対談本で、海馬 脳は疲れない (新潮文庫)というのが出たんですが、タイトル通り『脳』は疲れないもんだと思っていました。

 ですが、脳も疲れるようでして、なかなか疲れがとれない場合は、体の疲労というよりも、原因は脳にあるようなんです。

 下記は間違った疲れのとり方です。

・ジムで汗を流す 適度な運動は必要ですが、過度な運動はかえって疲れを招く。

・エナジードリンクをゴクゴク 元気になった気がするのは、配合されたカフェインなどの覚醒効果によるものです。

・温泉で疲労回復? 熱いお湯に何度も入ることでかえって疲れてしまうことも。また慣れない場所で寝泊まりすることもストレスに。

・お酒をゴクゴク 過度な飲酒は体に負担をかけてしまい、むしろ疲労の原因になります。

・甘い物をチャージ 疲れがとれたように感じるのは、一時的に血糖値が上がるため。摂りすぎると健康に影響します。

・目薬チャージ 一時的な目の疲れには効果が期待できますが、慢性的な目の疲れには効果が期待できません。

 上記の内、心あたりのある方、いらっしゃいませんか?

 私は、目薬チャージが心当たりありまくりです。


>>体や目の疲れの正体は脳の疲れ!?

by はたけ(^ω^)さん | 関連の新聞記事など このエントリーを含むはてなブックマーク