お薬辞典 







2006年12月14日

季節性うつ病・冬季うつ病

autumnleaves 一般的な,季節性うつ季節うつ というのは,
秋−冬になるとうつ症状が出てくるものです.

なぜこの季節にうつ症状になるのか?


その鍵は,
日照時間です.

以前にも日光に浴びる時間や周期(リズム)が乱れることで,睡眠障害,うつ病に発展することを紹介しました(概日リズム睡眠障害) 同様に,人のホルモンバランスと日照時間は相関があって,日に当たる量が減るこの季節に,うつ症状が現れやすいと言われています.

日照時間が短くなるにつれ,また気温が低くなるにつれて,まるで体と心が冬眠するかのように体が重くなり,頭がボーっとするようになります.気分はふさぎこみ,悲観的になる.何時間寝ても眠くなり,朝はなかなか起きられない・・・しかも,食生活にも影響して炭水化物ばかり摂取するようになると,季節性うつ病の可能性があります.(最近の筆者も寝てばかりで悲観的になりやすいです...)
  

>>冬季うつ病のチェック

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月08日

電気けいれん療法

 重度のうつ病や,薬が効きにくいうつ病,妄想などが酷い場合のうつ病などのメンタル疾患では,投薬治療の効果がなかなか得られず,また本人の希望もあった場合で医師が必要とした場合,電気けいれん療法という手法を使うのが,現在のうつ病治療メソッドです.

 電気けいれん療法について,読売新聞で最新医療記事として載っていたので,その文を引用させていただこうと思います. 


 といっても,最新医療というよりは,以前から行われてます.ですが,投薬が効かない場合,最後の手段として使われているのが多いようです.効き目もありますが,副作用もあります.また,電気けいれん法がどのようなメカニズムで,うつ病などに効いているのか未だはっきりしていません・・・医師に相談する場合も,これらを良く理解してからにした方がいいようです.


電気けいれん療法について

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月13日

日課表を使って,生活記録を付けてみる

 昨日の通院記録, 先生〜,この2週間も色々ありましたよ〜(TT) で最近,日課記録表をつけていることに触れました.

 そうなんです.なんとか続けてつけています...これが結構便利なんですよ,問診の時に2週間の自分の生活を,示しながら先生に理解していただけるものですからね...もちろん,毎日毎日書き込めるわけではありません...数日,空欄の時もありました.それだけだった,という表現になりますので,先生にはどうして・どんな気分になったかと,思い出して問診時に言えば理解してくれます✊

 以前の日記を付けて見るという認知療法モドキは,ブログ日記の延長過ぎて,なんだか2つも同じことを書くのが面倒になってしまい,しかも母の・入院・介護となって,介護うつ病状態だったし日記どころではなくなりました.今のところ,この日課記録表は続いているし,毎日ネットをするときに机に座るので,そのたびについでに思い出して記録をつけています.また,散歩とかネットとか行動記録だけでなく,何か特別な感情が湧いた時,「嬉しい」,「凹んだ」,「号泣」・・・などそういったこともメモしてます.

 記入例を図で示すと,こんな感じ・・・図はエクセル記入ですが,本当のは手書きでございます.
 
日課表

 
 もし,やってみようとか,お医者さんに行く時に使ってみようと,思われる方は,エクセルの無地表をリンクしますので,ダウンロードして使ってみてください😃

 日課記録表(エクセル・xls)

 

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月10日

起立性調節障害と引きこもり

 先ほど 低血圧 について説明しましたが,育ち盛りの子供たち,急激に体が変化する時期に,低血圧症状があらわれ,一部不登校,引きこもりの要因にもなっています.この症状に関して医学会が初の診療方針を作りました.続きをどうぞ

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

向精神薬とうつ病と低血圧

 抗うつ薬や抗不安薬,抗精神薬など,これらのお薬を飲まれている方,この夏,疲れやふらつきなど気になりませんでしたか? 私はふらつきやめまいが酷い時があり,非常に気分の悪い時がありました.そんなとき,血圧を測ると次のような違いがあります.

 体調の良いとき:最高血圧110,最低血圧80
  体調の悪い時:最高血圧 90,最低血圧54


 なんと,血圧が20近く変るんです.つまり,うつ病で滅入っているというよりも,低血圧症状のふらつき・めまいが原因で,通常の生活に支障がでてしまった,ということです.もちろん,夏場は汗を大量にかく時期ですので,鉄分消費による軽度の鉄欠乏性貧血でも同じような症状がでます. 低血圧は血液循環が円滑に行われず,脳や体の末端への血流が悪くなること.貧血はある一定量の血液中に含まれる赤血球,ヘモグロビンが正常値以下に減少した状態のこと.主に鉄不足のためヘモグロビンができず,赤血球が役割を果たせなくなった結果,めまいや立ちくらみを起こすもの...貧血ついて詳しい記事は,こちらへ 鬱と貧血と体力低下 揺れるハート

今回は,低血圧に焦点を当てていきたいと思います.続きはこちら

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年09月08日

仮面うつ病

 さて,今回のテーマは,仮面うつ病身体表現性うつ病です.以前にも,いろいろなうつ病があります でも一度扱っていますが,近年増加しているうえに,さらに社会的要因で一気に増加する可能性が出てきましたので,再度注目することにしました.

 「社会的要因で一気に増加する可能性」 とは,先日お伝えしましたホワイトカラー・エグゼンプション などのことです.ホワイトカラー・エグゼンプションとは,経済界(経団連)が進行している制度で,要するに企業側が,働いている人の残業代をゼロにし,成果主義をさらに徹底し,給料減るから仕事しろ〜と言いつつ,健康管理は自分でしてくれ,という制度です... ちなみに,ホワイト〜とセットで「兼業禁止」という企業規約が廃止されるようです.これも,給料減らすから休日にアルバイトでもしなさい,という惨い追い討ち計画なんです・・・

 では厚生労働省は何をしておるのか?その対策案については,労災認定ニュースと厚生労働省の審議 で確認しました. 厚生労働省もそれなりに,経団連に対抗していますが,企業がリストラに変わる経費削減策として,将来残業代カットといった流れを選び,それが働く人々に精神的な重圧になり,サラリーマンのみなさんのメンタルヘルスがお座なりになってしまう,可能性が非常に高いことには代りません.

 そして,心配されるのが,メンタル疾患の中でも,
仮面うつ病の増加が考えられます.

仮面うつ病について読む

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク