お薬辞典 







2006年09月07日

自臭症・・・心の病なんですね〜




本当は怖い家庭の医学 またまた,先日テレビで見た番組の受け売り情報です(今月はTVネタが多いかも)...以前,概日リズム睡眠障害 でも紹介したTV番組で,9月5日の放送内容です.

 症例は次のようなストーリです...
大手メーカーに30年勤めるベテラン事務員K・Nさんは,控えめで内向的な性格の持ち主.綺麗好きでもある彼女は,焼き肉を食べた翌日,同僚から口臭を指摘されて徹底的に歯を磨きますが,完全に口臭が消えた気がしませんでした.その翌日,今度は彼女が話しかける度に,後輩が鼻を指で押さえる仕草をするのが気になり出したK・Nさん.彼女の口臭への思い込みは,エスカレートするばかり...
続きをどうぞ

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月05日

エゴグラムで性格診断してみました

女性のストレス革命という本をストレス解消法のカテゴリで,以前にも紹介しました.この本では他にもエゴグラムを使って,自分を形成している「5つの自我」をチェックすることができます.
「エゴグラム」とは,人の心をこの5つの領域に分類してグラフにしたものです.エゴグラムはどの型が優れているとか,逆に悪いとかいうものではありませんが,多くのエゴグラムを解析した結果,ある種の共通した性格や生き方が見られることもわかっています.
 
ネット上でもヤブイシャ ドットコムのエゴグラムで性格診断でき,自分の性格の特徴をグラフ付きで解説してくれます.
  エゴグラム 
 
で,私の結果は(2回やりました),「なんでも出来ちゃうスーパーマンタイプ」(左) と 「夢見る少女タイプ」(右)でした.この違いは,「どちらでもない」の回答を減らして,「はい」か「いいえ」を明確にした差でございます.
egogramegogram
 
 
 
 
 
 
グラフの説明をしますと,値が高いほどその性格性が強く,左からパターンを説明すると,
CP: 自分にも他人にも厳しい.責任感が強く,善悪をわきまえる性格.
NP: 誰に対しても寛容で優しい性格.思いやりやがある反面,世話焼き症といえます.
 A: 冷静に物事を判断,分析できる,いわば大人の心です.
FC: 赤ん坊のような,我がままな性格を表しています.
AC: よく言えば協調性が高く,悪く言えば主体性がなく依存的な性格です.
  私に関しては女性のストレス革命の分類でいいますと,極端に1つの要素が欠乏しているV字型でございます.エゴグラムは人格の成長と共に変化します.そこで,Aの要素を高める努力を試みようと思います.
 
●Aを高める方法
 日記をつけることが有効だそうです.1日の出来事を羅列だけでなく,自分の思ったこと,他人ならどうしただろうか,問題点はあったか,考えることが大切です.日記は偏った考え方を治す「認知療法」でも使われる,メジャーな手段です.
 「思う」だけでは,頭の中でモヤモヤしたままで終わってしまいがちですが,「書く」という作業は言葉に置き換える作業であり,言葉に置き換える作業では「思い」を整理しなくてはいけません.このように,日記をつけることは,物事を整理し,自分と周囲の関係や出来事と向き合う機会を与えてくれます.そこから適切な考え方で前向きな思考につなげるトレーニングと言えます.
続きはこちら

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

認知療法3 治療の進め方

認知療法では,患者と治療者(医師・カウンセラーなど)との面接を行いながら,患者の悲観的な考え方を自分自身で修正できるようにしていきます.
 
認知療法の一般的な治療スケジュール
  認知療法は,対人関係療法と同様に,患者と医師・カウンセラーなどが面接を通して進めます.1回45分から50分の面接を,週1〜2回からはじめ,症状が安定してきたところで月1〜2回のペースに落とします. 1回ごとの面接は,1最初にその回に話し合う問題を決め,2その問題について集中的に話し合う,3それをもとに,次の面接までに何をするか「宿題」を決める,4その面接で話し合ったことをまとめたり,感想を述べたりする...というのが一般的な流れのようです.
 
4つの段階とそれぞれの治療目標
  認知療法のスケジュールは4段階に分かれます.
続きはこちら

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

認知療法2 うつ病特有の認知のゆがみ

物事を悲観的・否定的に考える「認知のゆがみ」には,さまざまなパターンがあります.自分のパターンを知っておくと,うつ病治療に役立ちます.
 
うつ病特有の「認知のゆがみ」のパターン
 うつ病になると,いくつかの特徴的な思考パターンが現れてきます.うつ病特有の「認知のゆがみ」といわれているもので,専門的には次のように分類しています.
続きはこちら

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年07月04日

認知療法1

今週は通院日です.医師の先生に認知療法について,今後の治療に取り入れるか聞いてみようと思います(本当は,その先生のご専門が森田療法なので,そちらの予習も必要なんですが,認知療法の方が手軽に始めれそうかと思って,かってに予習してます)
 
一言で言えば,偏った考え方のパターンを治すのが認知療法です.うつ病の人は,自分自身に対しても周囲の人に対しても,また将来に対しても悲観的に考えるようになります.認知療法はこのような点に注目して治療するというわけです.
続きはこちら

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年06月27日

心身症(身体表現性障害)

 心身症とは心の病と思われがちですが,これは誤りです.心身症は,心のストレスに対する過剰反応が,「体の病気」を引き起こしてしまうものです.また,似た病名である神経症は,ストレスの影響が心に現れる病気です. (身体表現性障害は比較的新しい用語で,以前は心身症と呼ばれていました.現在はどちらの用語も混在して使われています)
 
<心身症として起こる病気とは>
●胃・十二指腸潰瘍,過敏性腸症候群などの消化器系の病気.
●狭心症や心筋梗塞といった循環器系の病気.
●アトピー性皮膚炎や円形脱毛症といった皮膚の病気.
●緊張性頭痛や神経性食欲不振症(拒食症).
などなど,発症する病気は多岐にわたります.
 
 また,気をつけなければならないのが,心身症として起こる生活習慣病患者が多いことです. 偏った食生活や運動不足など,生活習慣の乱れは,本人が自覚していないだけで,心の問題がからんでいることが少なくないのです. さらに,精神的ストレスやそれによる生活習慣の乱れが,ガンを促進することもよく言われます.
 
<心身症の原因となる心の問題>
 心身症を引き起こすストレスには,「欲求不満」と「心理的葛藤」が関係しています.
●現実心身症:家族を失うなどして,心に強い負担がかかり,体の病気が出る場合.
●性格心身症:完璧主義の人が,何事にも手抜きせずにいて,心的ストレスが溜まり発症する場合.
 
このように心身症は「体の病気」として表れるので,主に内科・皮膚科などで治療される場合が多いと思います.ただし,治療の際に「体の病気」だけでなく,「心身症」として原因であるストレスについても医師に対応してもらうのがベスト.心の問題を解決するために,抗不安薬や抗うつ薬など薬物治療を用いたり,心理テストやカウンセリングを行います.患者側の心理的葛藤を取り除くため,認知療法を取り入れたりもするそうです.体の不調があれば,まずは信頼できるお医者さんへ.

by はたけ(^ω^)さん | うつ病や心の病について2 このエントリーを含むはてなブックマーク