お薬辞典 







2020年11月05日

副作用による脱毛

 7月から、シャンプーすらまともにできなくなった母の入浴介助をしています。

 その時から気づいたことなんですが、シャンプーすると脱毛が酷い。
  
 最初は良く洗えてなかった時期が長かったから、その分の抜け毛だろうと思っていましたが、抜け毛が止まらない。

 正確に言うと、週に2回は頭をお湯洗いし、3回目がシャンプーの日です(体力がもたないので毎日入れないんです)。
  
 母も精神科の薬を飲んでいて、私と同じバルブロ酸を飲んでもいます。

 『精神科治療薬ハンドブック 改訂5版(上島国利編著)』とちょっと古いですが専門書を読むと、バルブロ酸による脱毛の副作用と言うのがあるそうです。

 母は1日800mgのバルブロ酸を飲んでいます(私も800mg/日)。母は一時1000mgまで増量しました。 

 母の血中濃度を測ると、なかなか有効濃度まで上がらないんですよ。吸収率がどうも悪いらしくて。

 他の医療関係者の方に教えてもらうと、バルブロ酸以外にも色々と飲んでいることもありますが、脂溶性のお薬ばかりなので頭皮といったところに薬が溜まり抜け毛に繋がるんだそうです。

 また注意して欲しいのは、脱毛は全員に起こるわけではありません。ほんの数%の人に起こるもので、私は脱毛症状は出ていません。

 もちろん、秋ごろは抜け毛の季節ですから、毛は抜けやすいのですけどね。でも病的な抜け方ではない。

 高齢女性の場合、パーキンソン(パーキンソニズム)などの副作用も出やすく、母も老婆のような前傾姿勢になって、小股でつっとすような歩き方になって、体の節々の痛みを訴え起きれなくなるようになり、日常生活が送れない為、母の主治医さんに減薬を申し出ました。

 ただ、母の主治医さんは私の主治医さんとは若干タイプが異なりまして、つっけんどんな物言いをされるんですよね。

 間違ったことは言っていないんだけど、突き放す言い方をされる方です。

 「薬を減らせばパーキンソンは減少するけど、精神症状は必ず悪化しますからね。精神症状が悪化したからって、病院に飛び込んで来られても困りますからね。脱毛に関しては代わりの薬はありません。」
  
 精神科専門病院に通っているわけでは無いこと、精神科医が少ない事などで、母の主治医さんはキャパシティーオーバーなのかもしれません。

 とにかく付き添いに行って、対面するのが怖いです。

 薬用の育毛剤を使うようになりましたが、母の脱毛が少しでも減ってくれることを願うばかりです。



by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク

2020年09月24日

血中アンモニア値と甲状腺ホルモン値

 みなさん、おはようございます(´ω`)

 実は、私の母もバルブロ酸ナトリウム(デパケン)やリーマス(炭酸リチウム)といった、気分安定薬を飲んでいます。
  
 以前の血液検査で、血中アンモニア値が若干高いと言われましたが、その時はたいしたことが無いって言われたんですよ。 

 ところが、今回の通院では、アンモニアが高いからバルブロ酸を減らさなきゃいけないなぁ、って主治医が言い出しましてね。

 前回と話が違うじゃない?と思いつつ、様子をうかがっていると、バルブロ酸(デパケン)を1錠減らされました。

 アンモニアが高いと、酩酊状態から妄想症状のような弊害が出るそうなんですよ。

 母には妄想という症状がありますので、アンモニアのせいで妄想が出ているかもしれないから、原因となっているであろうバルブロ酸を減らすという事なんです。

 バルブロ酸を減らす一方で、リーマス(炭酸リチウム)を1錠増やしました。

 リーマスを増やした理由は、バルブロ酸を減らす代わりに増やせるものという選択肢だったことと、甲状腺ホルモンの値が問題無かったからリーマスなら増やせるという理由なんです。

 私はもデパケン飲んでいますが、母の方が血中濃度つまり吸収率が悪くて、私よりも1錠多く飲んでいたんですね。

 これで私と母が同量のデパケンを飲むコトになるのですが、母はリーマスを併用し、私はテグレトールという気分安定薬を併用しています。

 ハイになりすぎないようにという配慮なんですが、薬の入れ替わりがありましたから、母の体調変化が出なければいいなと願っています。

 次回、母は診察前にまた採血をして、薬の変化後の血中濃度を色々と測ります。問題無くなればいいな。

 バルブロ酸ナトリウム(デパケン)とリーマス(炭酸リチウム)を飲んでいる方は、定期的に血中濃度を測っていると思いますが、もし測っていなければ、医師に確認をとってくださいね。



by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月17日

また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に・・・(´・ω・`)

 随分前。数年以上前のこと。体重が急に増えた時のこと。

 といっても今よりは体重は少なかった時のことなのですが、精神科系のお薬の副作用で急に体重が上がった時、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という婦人科の症状に陥りました。

 単純に言えば、生理が来なくなる症状です。

 聖マリアンナ医科大学のホームページを引用すると下記の通り。
  
 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)とは、若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。
  
 (中略)  

 PCOSでは、超音波で卵巣をみると10mmくらいの同じような大きさの卵胞がたくさんできて卵巣の外側に1列に並び、なかなかそれ以上大きくならないことが特徴で、ネックレスサインと呼ばれます。 

 正常の卵巣とPCOSの卵巣のイラスト解説は、上記のリンクから聖マリアンナ医科大学サイトへ飛んでください。

 まぁ、原因はおそらく男性ホルモン過剰とか、1番気にしているのは『肥満』です。 

 12月上旬に産婦人科を受診し、PCOSの傾向があると言われ、採血をしてホルモン量を見てもらい、一応すでに投薬(デュファストン)治療もしています。 

 12月下旬に血液検査の結果が判るのですが、きっと昔のように男性ホルモンが上がっていそうだし、高プロラクチン血症(これも生理が止まります)にもなっているかもしれない・・・(´TωT`)

 体重が増えたのは、夏に精神科で勧められた「レキサルティ」を飲み始めてから。

 イライラ症状を抑え、糖尿病の可能性がある人でも安心して使える安全なお薬「レキサルティ」。

 そういう触れ込みで試したのですが、私には逆効果でして、、、イライラが増し、過食になり、体重が一気に5kg増え、2カ月後には生理が止まりました。

 「レキサルティ」の説明書を読んでみると、副作用に肥満や高プロラクチン血症のことが書いてあり、私の体質に合わないと判断し、ストップして元のお薬にある程度戻したものの、生理は来ず・・・(´−ω−`)

 そしてようやく産婦人科へ受診しました。産婦人科、とっても混んでて1か月待ちでした。
  
 女性としてはあと10年もしないうちに更年期障害を迎えると思われますが、今はちょっとそれじゃないと思っているし、更年期突入か確かめるにも、結局は産婦人科へ検査しに行かねばなりません。

 めんどいなぁ、女性の体・・・(´・ω・`)

 今でも思うことですが、正直なところ、男として生まれたかった。そう子供の頃から思っていたから、男性ホルモンも多くなりがちなのかもしれない。

 せめて産婦人科の長期通院は避けたいので、生理が普通に戻ってくれることを願います。

 はぁ、やるせない。。。

by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク

2016年03月24日

ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞。リスペリドン(注射剤)にも・・・

みなさん、こんばんは(・ω・)

ニュースで『ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞』といった副作用について報道していたので、メモしておきます。

ロキソニンだけでなく、統合失調症で使われるリスペリドン(注射剤)や麻酔用のフルニトラゼパムにも、副作用があると触れられています。


>>薬の副作用が追加されます

by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年07月26日

帯状疱疹後神経痛に抗うつ薬を使用する例がある

みなさん、こんばんは(・ω・)

 なんと、先日うちの父が、帯状疱疹(たいじょうほうしん)になりました!

 症状は軽く、入院ではなく投薬と通院で今のところ済んでいます。

 早期発見でラッキーだったようです(−ω−;;;

 帯状疱疹の治療薬として処方されたのは、抗ウィルス薬(ファムビル250r1日3回2錠ずつで計6錠)と、鎮痛剤(ノイロトロピン4単位1日2回2錠ずつ計4錠)と、疼痛時の頓服(コカール200r1回3錠を10回分)です。

日常生活の注意点は次の通り。

●できるだけ安静にする。
●患部を冷やさない。
●水ぶくれは破らない。
●子供(乳幼児)との接触は避ける(人にはうつらないけど、子供にうつると水ぼうそうを発症させる可能性があるから)。

 また、帯状疱疹には厄介な後遺症があるそうで、今から既にオロオロしています。
>>帯状疱疹後神経痛という後遺症

by はたけ(^ω^)さん | TB(0) | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク

2015年04月11日

高齢者に気を付けならない薬が発表

 日本老年医学会が、高齢者の薬物有害事象を防ぐためのガイドラインを10年ぶりに見直します。中止を考えるべき医薬品約50種類を挙げ、やむを得ず使う場合の方法も盛り込んだ案をまとめています。

 ここで言う高齢者とは、75歳以上の方々および75歳未満でもフレイル(高齢になって筋力や活力が衰えた段階)な高齢者を対象にしています。加齢に伴って、薬の成分を体外に出す腎臓や肝臓の機能が弱まっている場合もあるため、高齢の方は特に服用に注意がいるのです。

 新しい指針案では、中止を考えるべき薬を「ストップ」という一覧表で紹介しています。代表的な商品名、対象となる患者、主な副作用などを記し、中止できない場合に推奨される使用法や、かわりとなる薬の使用法を新たに加筆しています。



>>どんな薬がリストアップ?

by はたけ(^ω^)さん | 副作用など このエントリーを含むはてなブックマーク